その他関連作       Last Update 2017.7.8 by K.T.
ザ・パワー・オブ・ザ・ハート」 by ルー・リード
*The Power Of The Heart
君と僕とはいつだって ぎくしゃく意識しあって
君が求めるのは太陽 僕は雨
二人は異なる人間で お互いに似ても似つかない
太陽の強さ
僕が梢を見れば 君はポール
波が水面(みなも)で 行き来を繰り返す
僕は世界中を飛んで 君を連れ返す
それって心の強さ
世界中を飛んで 君を連れ返すんだ
心の強さで

君が僕を見れば 僕は君を見る
眠っていた心が 光を通じあって
あるかないかの靄を 二人呼吸しあう
心の強さ
僕が君を見れば 君は僕を見る
僕は過去を振り返り 君は何ができるかを考える
僕は君に幾度も 結婚しないか聞いてきた
それって心の強さ
世界中を飛んで 君を連れ返す
心の強さで

愛は世界を回すと 誰もが言う
僕は血の沸き立つ音を聞き 心の音を聞く
心の臓が強く鳴るのを聞き 振り返る
戸口に立っている君を 僕は見つける
君は僕を知っている 僕が夢見る質(たち)なのを
あれこれとりとめもなく 何だろうかって
そして最後に僕が気付いたもの それが何であるかを
それって心の強さ
心の強さで
世界中を飛んで 君を連れ返す
心の強さ

君と僕とはいつだって ぎくしゃく意識しあって
いつだって同じ結末だった
君は二人がある種ゲームをしてると思ってただろうが
心の強さ
心の強さだ

僕は自分を馬鹿だと思い 君は自分を利口だと思う
純粋な心の臓の鼓動
僕は君にこう言うけど 決して冗談なんかじゃない
今すぐに僕と結婚して欲しい
君は僕を知っている 僕が夢見る質(たち)なのを
あれこれとりとめもなく
だけどもっぱら僕は君の事を多く夢みている
それこそ心の強さ
心の強さで
世界中を飛んで君を連れ返す
心の強さ
心の強さ

ピーター・ガブリエルが、10年のカバー・アルバム、「スクラッチ・マイ・バック」でこの曲を取り上げている。D.ボウイやレディオ・ヘッドの曲もいいけれど、なかでもルー・リード作のこの曲がぐっとくる。ただもうpower of heartという単純な言葉の力に尽きるが、このキーワードをどう訳すかで迷った。”ハートの力“とか、”気持の力“とか考えたが、迷った末の"心の強さ”も、こめられているニュアンスは表わしきれていないと思う。

To Top

「キャン・ウィ・スティル・ビ・フレンズ友達でいさせて)」 by.トッド・ラングレン
*Can We Still Be Friends
僕等はもうこのゲームを続けられないけど
まだ友達でいられるかい
前みたいに上手くはいかなくなったけど
まだ友達でいられるかい

僕等は何かを学んで
そろそろ舵を切る時が来たようだ
砂が一粒づつ落ちて行くように
遂には終わりだと君が知る前に

僕等に過ちがあったのは認めるけど
まだ友達でいられるかい
失恋はた易く受け容れられるものじゃないけど
まだ友達でいられるかい

奇妙と言うべきか哀しいというべきか
二人とももう気にしてないみたいだったりする
傷付いた気持ちを引きずってもしょうがない
僕等は最悪の時は抜け出したんだね

ラーララ ラララ

まだ友達でいさせて
また時々あえるかい

ラーララ ラララ

僕等は夢から醒めたのさ
物事はいつも見えている通りとは限らないけど
想い出だけはずっとそのまま
まるで甘く切ない昔の歌みたい

キング・クリムゾン和訳集であれば、キング・クリムゾンがらみの詞を訳すべきと思う。そうしてきたけれど、まあ、いいか。友達の友達は友達式にこじつければクリムゾンとの因縁も語れるが、早い話トッド・ラングレンも好きなのだからいいじゃない。アメリカのソウル・ポップマニアの親爺ではあるが、ベアズヴィル時代は結構プログレだったよな。
「友達でいさせて」という邦題を活かして歌詞に織り込んでいる。元の歌詞は例によって歌詞歌詞検索サイトで各人確認する事。

To Top

ラスト・ライド」 by.トッド・ラングレン
*Last Ride
これが最後のドライブ
僕等のささやかなゲームも終わる時
これが最後のドライブ
君を家に送る時が来た
今更涙も出やしない 結末はわかっていたから
飛ばしてもしょうがない ゆっくりと走ろう

これは危険なドライブ
君の家に着くのが恐ろしい
だが僕は生き続けねばならない
生きる方がまだしも賢明だろう
僕は思いあがっていた 全てを理解でき
成し遂げ 全ては上手くいくのだと
だが僕は一番愛が必要な時に顔をそむけてしまった

これが最後のドライブ
僕等のささやかなゲームも終わる時
これが最後のドライブ
君を家に送る時が来た
今更涙も出やしない 結末はわかっていたから
飛ばしてもしょうがない ゆっくりと走ろう

道はまがりくねりながら
街を抜けて行く
憂鬱な雨が滴り落ちて来て
路面を光らせる
東には地平線 西には山の稜線
月と太陽とそれ以外のすべて
いじらしい若僧に貞淑な人妻
哀れな男の命の燃えがら
父と子と聖霊
それらすべてが一番愛が必要な時に顔をそむけてしまった

これが最後のドライブ
僕等のささやかなゲームも終わる時
これは最後のドライブ
すべてを家に帰らす時が来た
今更涙も出やしない 結末はわかっていたから
君を家に送る時が・・・

調子に乗ってTodd Rundgren第二弾。73年作アルバムの「トッド」、当時の邦題は「未来から来たトッド」の収録作。漠然とした気持ちの描写から、徐々にリアルに切実な内容になってくる巧みな構成。若僧の歌詞あたりに差し掛かってから、気が高ぶって、触れたくもない事柄だからか、畳み掛けるようにがなりたてて、もう殆ど歌詞を聞かせない位。
アメリカの郊外、車社会、車はデカいアメ車。東に地平線が見えるなら、西のスカイラインは山の稜線だろうな。そういうだだっ広い土地がアメリカなんだよな。ライナーの訳詞は街のシルエットとしているけど。

To Top

ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」byレノン&マッカートニー
*Lucy In The Sky With Diamonds
川でボートに乗って君は自画像を描いていると
タンジェリンの木々にマーマレードの空
誰かが君を呼んで君はゆっくりと返事をすると
それは万華鏡の目をした女の子

黄色や緑色したセロハンの花が
君の頭上まで高くそびえる
女の子の瞳の中に太陽が映って
すると女の子の姿が消えた

ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を舞う
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ

泉のそばの橋までその子を追いかけて来たら
揺り木馬の人達がマシュマロパイを食べている
花々の間にさしかかると彼らは揃って微笑みかける
その花々は信じられない位の高さまで伸びている

新聞紙のタクシーが岸辺に現れて
君を乗せようと待っている
後ろの座席に乗ると雲の中に頭が突き抜けて
すると君の姿が消えた

ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を舞う
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ

駅に停まっている列車の中 君は自画像を描いて
粘土でできた駅員達は眼鏡のネクタイを締めている
誰かが急に回転バーの所に現れる
あの万華鏡の目の女の子だ

ルーシーはダイヤモンドと空を舞う
ルーシーはダイヤモンドと空を舞う
ルーシーはダイヤモンドと空を舞う

ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」収録曲。ロバート・フリップも大好きという事で、キング・クリムゾンは69年の結成時のフラム・パレスの地下室セッションの際に、この曲を取り上げて音合わせをしていたという。それだけの理由で訳出するけど。
この時の練習曲は他に、ジョニ・ミッチェルの「マイケル・フロム・ザ・マウンテン」〜まるっきりフォーク。ドノバンの「ゲット・ザイ・ベアリングス」なんかと同様、これはマクドナルドとシンフィールドの好みだろうし、マクドナルドとシンフィールドの曲としては「風に語りて」とかも。あとはフリップの「ドロップ・イン」、「エリュダイト・アイズ」、レイクの「ラッキー・マン」、ジャイルズの「トゥモローズ・ピープル」とか、他色々。昔々の創世記の神話である。

To Top

トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ」 by レノン&マッカートニー NEW!
*Tomorrow Never Knows
意識を放棄し 流れのままに漂ってごらん
それは死ではない それは死ではない

思考を中断し 虚無に身を任せてごらん
それは輝きだ それは輝きだ

内に秘められた意味が おのずと解るはず
それが存在だ それが存在だ

愛こそは全て 愛は万人である
それが覚知だ それが覚知だ

そして無知 そして憎しみで死を嘆くなら
それが信心だ それが信心だ

ともあれ 君の夢の色に耳を澄ませてごらん
それは命ではない それは命ではない

では 存在という遊戯を終わりまで続けてごらん
終わりという始まり それが始まり
終わりという始まり それが始まり
それが始まり それが始まり

2000年ライブ集アルバム「ヘヴィ・コンストラクション」の中で「トゥモロウ・ネヴァー・ニュー・セラ(インクルーディング・トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ)」のタイトルで収録されている曲は、キング・クリムゾンがビートルズのこの曲をサンプリングしながら即興で演奏を膨らましたものだ。ミレニアムツアー中の6月のワルシャワかプラハ?での収録らしい。
また、16年のツアーボックス中にも同一曲が「トゥモロウ・ネヴァー・ニュー/セラ」〜2016年デヴィッド・シングルトン・ミックスとして、(インクルーディング・トゥモロー・ネヴァー・ノウズ抜き、/付のタイトルで)収録されている。ツアーボックスの説明によるとこれがCD初収録だそうだ。しかしどう聞いても元ネタは同じ(聴衆の歓声まで同じ)。新ミックス版としては初収録という事ね。
演奏中に聞ける、「トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ」のサンプリング音源はビートルズのものでなく、曲はだいぶ省略・短縮されていて、A.ブリューが歌っているのだろう。
ここでは元歌のビートルズの詞をまるまる訳している。元歌の話題はここでは割愛。17.7.8

To Top

「ザ・キング・ウィル・カム」 by Wishbone Ash
*The King Will Come
雷鳴が轟き 笛そしてドラム 
火のただ中に 王は現れる
邪悪な子供らは 群れを成す
その罪を数え上げ 審判が下される

夜を日に継ぐ 果てしなきチェス競技会
果てる者 あるいは永らえる者
天は落ち 地は祈りの声
その日の到来を告げる 審判の下る時

手にする石に記された
預言者の言葉を見るがいい
言い渡された毒のペン
あるいは 砂上のかりそめのしるし

ウイッシュボーン・アッシュの72年の名盤「百眼の巨人アーガス」収録、そして名曲。メンバ−四人の共作なのだが、歌詞を見てどうよ、みんな同じ様に思うだろうな。
楽隊の音に合わせて火の魔女ならぬキングが現れ、子供達が報いを受けたり、御前試合とか、預言者の言葉。加えて毒のペンまで登場する。夫への宣告でなく人類への宣告だけど(ちなみにアイランズは71年リリース)。
ここは英詞を確かめてみよう

To Top


関連アーチスト作品INDEXへ
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗