エマーソン・レイク&パーマー(レイク) Last Update 2017.1.1 by K.T.

「タルカス」
*Tarkus
a.噴火

b.石の時代
お前は夜が明けるのをその目で見てきたのか
時代はお前をそんなに愚かしくしたのか
その姿を現してみろ

お前は時代の風に語りかけた事があるのか
ならば水の歌うのが分かるはず
ワインの味がだ

お前はいずこから来たか一体解かるのか
いずれお前は兆候を見いだし
己が罪業を実現するのだ

お前はいかにして種が蒔かれたか解かるのだろうか
お前の時間はもう成長しすぎてしまい
誰も知る術はないのだ

お前は石の時代を歩いてきたのだろうか
お前が語りだすのを お前自身で聞く日は来るのか
お前の耳は塞がっているのか
ああ、お前は一切聞かぬではないか

c.偶像破壊者

d.ミサ聖祭
司祭は祈りを捧げた
彼の頭の髪の一本一本を護りたまえと
お前は既に死んでいる!
怨む宣教師は到着はしたが
安堵を授かるにはあまりに遅すぎた
どうでもいい!
自らの運命の糸に絡めとられる織り手よ

巡礼者は彷徨い歩いた 
あらん限りの罪悪を引き受けつつ
これまた結構!
落胆の枢機卿は受け容れた
彼は救われる事だろう
墓穴からだが!
自らの運命の糸に絡めとられる織り手よ

司祭長は刀を手に立ちあがった 
祈る者らの恩寵のために
全て従う者に!
恐怖の使者はじわじわと巨大化していく
その時は近い
予兆がする!
自らの運命の糸に絡めとられる織り手よ

司教は警鐘を鳴らす
暗黒のマントが大地を覆っていく
音もたてず!
沈黙の聖歌が歌われその静寂の中に
もたらされる疲弊した声
群衆の合唱!
自らの運命の糸に絡めとられる織り手よ

e.マンティコア

f.戦場

戦場を片付けて見せてみろ
我々の戦果を残らず
飢えた子が倒れているというのに
お前は自由だと語り
季節の叫び声が聞こえるというのに
お前は耳を貸さぬのか

大地が焼き払われるのを見る為に
おまえはそこに居たのか
恐ろしげな松明の横に立っていただけか
悲嘆する木の葉が表情を変え
恥辱の灰に散るのを知るがいい

あらんかぎり鋭刃は振るわれ 矢は放たれた
お前の軍勢の死屍累々たる場所
剣が草のごとく生え 矢が雨のごとく降った場所に
かくて何ら哀しみとて残らず
苦痛すら存在しえぬ

g.水中のタルカス


「ジェレミー・ベンダー」の項でも述べているが、アルバム「タルカス」国内版の掲載歌詞はいい加減、それをもとに訳すからライナーの伊藤訳は一層意味不明。ライブ盤には“ストーンズ・オブ・イヤーズ”の川原訳もあるが、そっちはもうてんで論外。ということで、名曲「タルカス」のまともな和訳を示してみたい。
ネットで入手した詞(細部で異同があった所は選択して)をもとに訳しているので、ライナー対訳とは根本的に内容が違う。なので、伊藤訳のように偶像崇拝が支配したり、真鍮の薬缶頭に毛が生えないなんてくだりもない。
ましてやハーピーが刃をふるったりもしない。タルカスやマンティコアがキメラ獣であるように、ハーピーとは半人半鳥のキメラ。ライナーノーツだけ見ていた時は、成程イラストの翼竜みたいなのがハーピーなのかと感心していたが、こりゃまた全くの勘違い(歌詞にハーピーは出てこない)。正しい詞はhigh priest、つまり司祭長がそう聞こえていたのだった。
ちなみに“ミサ”の登場人物は皆カトリックの宗教者の職名に揃えて訳す必要がある。ミサを行うのはカトリックなのだから。(というか、逐一解説しないが組曲冒頭から最後までキリスト教を意識した言い回しが多数ある)
“ミサ”の訳にあたって一番悩んだのがキメの歌詞、The weaver in the web that he made。伊藤訳では“神の作り給いし織物の織り手”となっているので、宗教関連の成句をしらべたりしたが何もわからない。まともに考えるとheがいきなり神を指すとは思えない。同一文中のweaverだろう。慣用句なのかとも思い調べたがそのような例もない。で、単にレイクが創作したフレーズという前提で素直に考えた。Webとは運命のもつれた糸とか、人生模様とか、蜘蛛の巣のイメージだろう。詞の他の部分の内容が危機に瀕した人それぞれの反応を歌っている事から、私の決定稿は“自らの運命の糸に絡めとられる織り手よ”とした。という事から考えるとMassとはミサではなく、網が絡まって固まったコブとか人の集団の意味のマスも掛けているのかとも思えてくる。
ちなみに、「タルカス」においてレイクは「クリムゾンキングの宮殿にて」のシンフィールドの歌詞をだいぶ意識している。つまり内容の関連性を意識して作詞している。”時代の風に語りかけてきたか“の部分は風に語りてから、大地が焼き払われたり、“飢えた子が倒れている”とかは21stスキゾ、“いかにして種が蒔かれてきたか”の部分はエピタフからの借用、などなど。アルバム・宮殿における荒廃した未来の予言の内容を受けて、タルカスの正邪の対決の物語は語られるのである。(レイクがライブでは”戦場”末尾で”コンフュージョンウィルビマイエピタフ”と歌っていたのにはそれなりの背景がある)
さらに言えばこれが”悪の教典第九巻第三印象“につながっていく。タルカスはマンティコアと戦い、虚しい痛み分けのような形で最後には一旦水中に逃れるようになっているが、ここで決定的に敗北したわけではない。だから形を変えて話は継続する。火成岩から生まれ、石の時代を歩んできたタルカスは、”石(シリコン石)から生まれた男が時代の埃を踏みにじる”悪の経典のコンピュータ、すなわち人と機械のハイブリッド=キメラに姿を変え再登場する。(で、そこでも決着はまだつかず聖戦は続くわけだ)
また、荒廃した近未来の機械の権化とカトリックとの聖戦という話の外枠を示すため、「恐怖の頭脳改革」には冒頭に「エルサレム」を配している。(“エルサレム”中にいわく敵は“暗い悪魔的工場”)
補足。本来“時の踏み石”と訳すべきstones of yearsを”石の時代”としたり、“調和的群衆”と訳すべきharmonic crowdを“群衆の合唱”としてたりするのは意訳。今回は色々と意訳があるが、そのいいわけを逐一述べるには解説文がだいぶ長くなりすぎた。割愛御免。

To Top

ジェレミー・ベンダー
*Jeremy Bender
ひねくれ者ジェレミーは数寄者
ヒマをもてあましたアマり
日暮れのバラのベッドに寝そべって
ひとつ尼さんになろうと決めた

尼さん相手にささやくようにすかしたり
話さん時にはこぶしに物を言わしたり
兄(アニ)さんみたいにして尼さんにのしかかる
他にもおカマはいないか聞いた

尼さんは犯そうとしたら実はカマさんだった
ヘマこいてキスした 拒めぬミスだった
信じられない逃げるにしかず 荷物をまとめ
堪らん退散しようと決めた

「タルカス」のライナー対訳を見ていると、他が伊藤めぐみ訳なのに、ジェレミー・ベンダーだけが何故か川原真理子訳、しかも特にちんぷんかんぷん。目に付いたので、今回訳出してみた。本当はこういう意味。
40年近く経とうというのにライナーには「歌詞は聞き取りによるものです。ご了承下さい」と逃げを打ってある。正しい歌詞は簡単に入手できるご時勢に、いまだに分けのわからぬ英詞を元に逐語訳して一層解からなくしてあるのだ。情けない現実だ。
Benderは姓とも取れるが、愛称とも取れる。愛称ならbendしたねじまがった奴という意味、plesureが偏った奴という事だ。2連の末尾、if the other is a queenのqueenは女装のオカマ。韻を踏んでいるのをまねて駄洒落を加味して訳している。
従来の最終行、「ここはトンズラしようと決めた」という訳も捨てがたい、ニュアンスとしてはそんな感じだよなぁ!しかし、「堪らん退散しようと決めた」というフレーズを思いついてしまった。語呂あわせならこの訳語に軍配が上がる。

To Top

ビッチズ・クリスタル(魔女の水晶玉)」
*Bitches Crystal
魔女の水晶玉はお見通し 君の運命の糸がどうもつれるか
未来を占い 未来の時間を売りつける
虐げられる者達の心の悲鳴
目には恐怖
鬼気迫る死のイメージ

魔女の毒薬は混入される 皆の悲涙の海に
呪術的力が立ち現れる 恐怖でそびえる塔から
虐げられる者達の心の悲鳴
目には恐怖
鬼気迫る死のイメージ

悪はますます知恵をつけ 人々は焼かれていく
無謀な配役 もはや続行不能
魔術 悲惨そして
狂気へと 心の中で形を変えていく

儀式により殺される者が誓うのは 目の前のはした金に
異端の尼僧が思い嘆くのは 彼女のその無力さに
虐げられる者達の心の悲鳴
目には恐怖
鬼気迫る死のイメージ

同じくアルバム「タルカス」収録作。例の如く国内版歌詞・対訳は誤りが多いので見ない方がマシだ。正しい詞は歌詞検索サイトでどうぞ
内容はたぶん、組曲「タルカス」にも関連しているのであろう。
主語か、術語か、修飾か、被修飾か、単語の羅列で語の関係がわかりにくかったが、一応の解釈は上記の通り。sillings to beというのいはそこにある小銭、意訳して”目の前のはした金”とした。

To Top

ナイフ・エッジ」(剣が峰)
*Knife Edge
ほんの一歩の違いと 叫ぶ悲嘆者
眼下には 発狂者
理性の彼方へ 銀の翼で
演劇王は 高飛び
かもめの飛翔を 引き裂き
拡がり来る 鷹の鉤爪
静謐を破るのは ただ恐怖のみ
皆がひざまずき 導きを乞う時に

道を越え 深淵を抜けても
眼下では 発狂だ
町なかの いまや街頭でも
情ある者は ただ死霊のみ
絞首台へと列なす 患者達が歌う
神格化されたものへの 称賛
我らが装置は燃料を 炉にくべ続ける
まかりまちがえば 我々とて燃やされる

自分とは誰なのかを 君は今でも知っているつもりか
自分が何者かを 見せつけられても

炎が燃え盛ろうとする時にも
君は理性を保てるのか
おのが才覚を抱え込み
それでもバランスを保てるのか
ナイフ・エッジの上で生きられるのか

詞はリチャード・フレーザーとグレグ・レイクの共作。フレーザーは初期クリムゾンのローディーを経て、ELPのローディー兼作詞家となった人。ひょっとしていたらELPにおけるシンフィールドのような存在になっていたかも知れない人物。
詳しくはこちらのページで説明中!
ジャケットに歌詞がなく、公式サイトにもない場合は、国内版記載の聞き取り歌詞及び対訳は不幸な事に誤りが多い。この曲でも例に漏れず、正しくはLoaded down with your talents(おのが才を抱え込み)の箇所が、国内対訳ではWill you be down with timesと全然違っていたり、肝心要のbalanceの語がviolenceになっていたり等々、散々である。(と、いう現状を問題として認識して頂きたい)
最近は英語歌詞サイトが増えていて、正しい歌詞は各所で入手できるので、ぜひご確認されたい。
但し、eagleを「鷲」ではなく「鷹」と訳したのはもちろん語呂合わせ。そんな風な語呂合わせや意訳は多目に見て欲しい。

To Top

ラッキー・マン
*Lucky Man
彼は白馬を持っていて
その上あまたの美女も
美女達はサテンをまとい
ドアの傍らに はべっていた
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

彼のため純白のレースと羽毛で
仕立てられたベッド
その上金のカバーのマットレス
そこに彼は 横たわっていた
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

祖国と国王のために
彼は戦場へと赴く
その手柄と名誉とを
人々は讃え 歌うのだ
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

そして弾丸が彼を捕らえ
叫んだ時には血が流れ
いかな財貨をもっても助けられず
彼は倒れ はかなくなる
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

キング・クリムゾンはデビュー前、フラム・パレスの地下でのリハで「ドロップ・イン」や「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ」とともにこの曲を演っている。
シド・スミスの「クリムゾン・キングの宮殿」にはこの件、“グレッグ・レイクが2〜3年ほったらかしにしていた「ラッキー・マン」”との記述があるがとんでもない。レイクの談では彼が12歳で書いた曲、9年以上前だ。彼が母親にギターを買って貰い、初めて作った曲。昔の習作程度の曲だけど、これを敢えてクリムゾンで、そしてELPで演ろうと言うのだからいい根性、レイク自身がラッキー・マンだなぁ。
尚、日本語ライナーの歌詞にあるバルビゾナとはなんぞな。そんな言葉は世の中にはない。オブ・ヒズ・オナを聞き取れず、苦し紛れの造語が延々と放置され、堂々と再販され続け。(上記ナイフ・エッヂ同様に)それこそいい根性である。

To Top

石を取れ
*Take A Pebble
石を取り そして海へ投げ込む
僕の中に広がって行く 波紋を見つめている
君の瞳にも 僕の顔は静かに広がり
乱される水面 僕らの人生の水面

僕らの記憶のかけらが 君の草むらに葬られる
傷ついた哄笑の言葉は 過去の墓場
野辺に散らばる 色あせた写真
偽りの手紙 君の想い出の手紙 

君の担う悲しみは まるで着古したオーバーコート
皺で擦り切れたポケットに 糸屑と化した希望
夜明けも君にとって真夜中 色彩はことごとく失われ
乱される水面 僕らの人生の水面

僕ら二人の人生の 人生の…

ELPのデビューアルバムから、エマーソンのピアノが印象的な「石を取れ」。
というか、「石を取れ」と命じているのではなく、実は上記のようなニュアンス。
私も若かりし日には、邦題の命令形から、石を手に戦いに挑む歌だろうと想像していたが、お恥ずかしい。勝手に誤解するのが悪いのか、邦題が罪作りなのか。
というか、国内版掲載の歌詞、対訳は例のごとく誤りが多いく、罪作り。正しい英詞はこちら

To Top

永遠の謎
*The Endless Enigma
Part1
何故に見つめるのか
貴方達は私が気に掛けているとでも
貴方達は勘違いしている
頭の中で思い込んで
貴方達の言葉は無駄に空しいだけ
何も言っていないに等しい
聴こうにも耳に届かない
真実を決して言おうとしないから

何故に思うのか
貴方達の言う事を私が信じているとでも
ほんの少しの言葉しか
頭の中には入って来やしない
私は偽善者や異常者にはうんざりだ
何枚舌だか解からないような
話次第で目の色も変える
奴らのせいで疲労困憊するから

貴方達は混乱していないか
自分の心の核心が
貴方達には見えないにしても
自分の過誤が解からぬのか

貴方達は拒みたくないのか
言いなりにこき使われ
貴方達も解かっているにしても
私にだって明らかだ 貴方達の過誤は
どうぞ どうぞ目を開けてくれ
どうか どうか嘘はやめてくれ

私は地球上の全てを秩序立て
地球は私の誕生を目撃して
その姿に驚嘆した
そしていまだに私は私が何者か解かりえない

貴方達は拒みたくないのか
言いなりにこき使われて
貴方達も解かっているにしても
私には解かる 貴方達の過誤が
どうぞ どうぞ目を開けてくれ
どうか どうか嘘はやめてくれ

私は王様気取りの貧民達を見て来た
糸操り人形が
見つめる子供たちの前で踊るのを
貴方達は至るところでそんな光景を見てきたはず

Part2
芝居は全幕演じられてしまった
いまだ開幕もせぬうちから
皆は来場していたが
めいめいが孤独に座っていた

夜明けがその芝居の幕を開け
陽の運きにつれ
静かな歓声を呼びおこし
次の夜明けがまた別の幕を開く

その芝居が終わって
我々には果たして解かるのだろうか
何のため私がここにいたのかを

ELPの「トリロジー」から冒頭曲。本来PART1と2に分かれているが、ここではワンセットにしている。
曲調に負けず思わせぶりな詞。孤高ぶった私とは誰か、貴方達って誰か。芝居とは何の隠喩か。そこからして謎。“私は地球上の全てを秩序立てた 地球は私の誕生を目撃してその姿に驚嘆した”という箇所が手掛かり。しかし、ベタに解釈しても野暮というもの。思わせぶりを味わうのが粋。

To Top

ELPのシンフィールド詞の作品はまた別のページで紹介中です。
また、展覧会の絵はこちらで見てください。恐怖の頭脳改革も別ページ

             関連アーチスト作品INDEXへ
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗