エマーソン・レイク&パーマー(レイク) Last Update 2018.1.21 by K.T.
石を取れ
*Take A Pebble
石を取り そして海へ投げ込む
僕の中に広がって行く 波紋を見つめている
君の瞳にも 僕の顔は静かに広がり
乱される水面 僕らの人生の水面

僕らの記憶のかけらが 君の草むらに葬られる
傷ついた哄笑の言葉は 過去の墓場
野辺に散らばる 色あせた写真
偽りの手紙 君の想い出の手紙 

君の担う悲しみは まるで着古したオーバーコート
皺で擦り切れたポケットに 糸屑と化した希望
夜明けも君にとって真夜中 色彩はことごとく失われ
乱される水面 僕らの人生の水面

僕ら二人の人生の 人生の…

ELPのデビューアルバムから、エマーソンのピアノが印象的な「石を取れ」。
というか、「石を取れ」と命じているのではなく、実は上記のようなニュアンス。
私も若かりし日には、邦題の命令形から、石を手に戦いに挑む歌だろうと想像していたが、お恥ずかしい。勝手に誤解するのが悪いのか、邦題が罪作りなのか。
というか、国内版掲載の歌詞、対訳は例のごとく誤りが多いく、罪作り。正しい英詞はこちら

To Top

ナイフ・エッジ」(剣が峰)
*Knife Edge
ほんの一歩の違いと 叫ぶ悲嘆者
眼下には 発狂者
理性の彼方へ 銀の翼で
演劇王は 高飛び
かもめの飛翔を 引き裂き
拡がり来る 鷹の鉤爪
静謐を破るのは ただ恐怖のみ
皆がひざまずき 導きを乞う時に

道を越え 深淵を抜けても
眼下では 発狂だ
町なかの いまや街頭でも
情ある者は ただ死霊のみ
絞首台へと列なす 患者達が歌う
神格化されたものへの 称賛
我らが装置は燃料を 炉にくべ続ける
まかりまちがえば 我々とて燃やされる

自分とは誰なのかを 君は今でも知っているつもりか
自分が何者かを 見せつけられても

炎が燃え盛ろうとする時にも
君は理性を保てるのか
おのが才覚を抱え込み
それでもバランスを保てるのか
ナイフ・エッジの上で生きられるのか

詞はリチャード・フレーザーとグレグ・レイクの共作。フレーザーは初期クリムゾンのローディーを経て、ELPのローディー兼作詞家となった人。ひょっとしていたらELPにおけるシンフィールドのような存在になっていたかも知れない人物。
詳しくはこちらのページで説明中!
ジャケットに歌詞がなく、公式サイトにもない場合は、国内版記載の聞き取り歌詞及び対訳は不幸な事に誤りが多い。この曲でも例に漏れず、正しくはLoaded down with your talents(おのが才を抱え込み)の箇所が、国内対訳ではWill you be down with timesと全然違っていたり、肝心要のbalanceの語がviolenceになっていたり等々、散々である。(と、いう現状を問題として認識して頂きたい)
最近は英語歌詞サイトが増えていて、正しい歌詞は各所で入手できるので、ぜひご確認されたい。
但し、eagleを「鷲」ではなく「鷹」と訳したのはもちろん語呂合わせ。そんな風な語呂合わせや意訳は多目に見て欲しい。

To Top

ラッキー・マン
*Lucky Man
彼は白馬を持っていて
その上あまたの美女も
美女達はサテンをまとい
ドアの傍らに はべっていた
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

彼のため純白のレースと羽毛で
仕立てられたベッド
その上金のカバーのマットレス
そこに彼は 横たわっていた
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

祖国と国王のために
彼は戦場へと赴く
その手柄と名誉とを
人々は讃え 歌うのだ
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

そして弾丸が彼を捕らえ
叫んだ時には血が流れ
いかな財貨をもっても助けられず
彼は倒れ はかなくなる
何て恵まれているんだろう 彼は
何て恵まれているんだろう 彼は

キング・クリムゾンはデビュー前、フラム・パレスの地下でのリハで「ドロップ・イン」や「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ」とともにこの曲を演っている。
シド・スミスの「クリムゾン・キングの宮殿」にはこの件、“グレッグ・レイクが2〜3年ほったらかしにしていた「ラッキー・マン」”との記述があるがとんでもない。レイクの談では彼が12歳で書いた曲、9年以上前だ。彼が母親にギターを買って貰い、初めて作った曲。昔の習作程度の曲だけど、これを敢えてクリムゾンで、そしてELPで演ろうと言うのだからいい根性、レイク自身がラッキー・マンだなぁ。
尚、日本語ライナーの歌詞にあるバルビゾナとはなんぞな。そんな言葉は世の中にはない。オブ・ヒズ・オナを聞き取れず、苦し紛れの造語が延々と放置され、堂々と再販され続け。(上記ナイフ・エッヂ同様に)それこそいい根性である。

To Top


永遠の謎

*The Endless Enigma
Part1
何故に見つめるのか
貴方達は私が気に掛けているとでも
貴方達は勘違いしている
頭の中で思い込んで
貴方達の言葉は無駄に空しいだけ
何も言っていないに等しい
聴こうにも耳に届かない
真実を決して言おうとしないから

何故に思うのか
貴方達の言う事を私が信じているとでも
ほんの少しの言葉しか
頭の中には入って来やしない
私は偽善者や異常者にはうんざりだ
何枚舌だか解からないような
話次第で目の色も変える
奴らのせいで疲労困憊するから

貴方達は混乱していないか
自分の心の核心が
貴方達には見えないにしても
自分の過誤が解からぬのか

貴方達は拒みたくないのか
言いなりにこき使われ
貴方達も解かっているにしても
私にだって明らかだ 貴方達の過誤は
どうぞ どうぞ目を開けてくれ
どうか どうか嘘はやめてくれ

私は地球上の全てを秩序立て
地球は私の誕生を目撃して
その姿に驚嘆した
そしていまだに私は私が何者か解かりえない

貴方達は拒みたくないのか
言いなりにこき使われて
貴方達も解かっているにしても
私には解かる 貴方達の過誤が
どうぞ どうぞ目を開けてくれ
どうか どうか嘘はやめてくれ

私は王様気取りの貧民達を見て来た
糸操り人形が
見つめる子供たちの前で踊るのを
貴方達は至るところでそんな光景を見てきたはず

Part2
芝居は全幕演じられてしまった
いまだ開幕もせぬうちから
皆は来場していたが
めいめいが孤独に座っていた

夜明けがその芝居の幕を開け
陽の運きにつれ
静かな歓声を呼びおこし
次の夜明けがまた別の幕を開く

その芝居が終わって
我々には果たして解かるのだろうか
何のため私がここにいたのかを

ELPの「トリロジー」から冒頭曲。本来PART1と2に分かれているが、ここではワンセットにしている。
曲調に負けず思わせぶりな詞。孤高ぶった私とは誰か、貴方達って誰か。芝居とは何の隠喩か。そこからして謎。“私は地球上の全てを秩序立てた 地球は私の誕生を目撃してその姿に驚嘆した”という箇所が手掛かり。しかし、ベタに解釈しても野暮というもの。思わせぶりを味わうのが粋。

To Top

ブラック・ムーン(暗黒の月)」NEW!
*Black Moon
毎日新しい雲を見かけるたびに
空には穴がまた一つ
いつも街を歩くたびに
頬に排ガスが吹き付ける
砂漠が燃えても 僕らは決して学ぼうとしない
政治家は皆嘘でごまかす そして何もしない
行きつく所に行くまで
暗黒の月まで

水の上を歩けるような奇跡が起こるわけじゃない
酸性雨なんてものが降っている限り
誰も君をだますような事を言っているわけじゃない
実際あらゆる毒が染み込んでいく
往来の真ん中で 僕らは皆立ち往生している
僕らは方針を決めもせず 積極的にもならない
慣れきってしまうように
暗黒の月に

夜 赤く空が燃えるのが見える
山火事が起こっている
石油が海を覆う
暗黒の月が昇る
一体いつまでこれが続くのか

世界中を見渡してみるがいい
未来は待ってはくれない
僕らは薄氷を踏んでいる
運命の掌中でもてあそばれている
僕らに必要な事は ちょっとした方向転換
青いサンゴ礁を見つけるために
君は知っている そんなに早くは
その瞬間は来ないのだと
暗黒の月の瞬間

90年代に再結成したELPであるが、再結成の劈頭を飾る曲がこれ。歌詞はこちら。内容はまあこんなものか。再結成したものの結局昔の名前で出ています、自己模倣の色が濃い。評価の高かった時期を模倣しているからまだマシ。まあ、新作も出しているし、リユニオン以降のイエスみたいなものかな。それにひきかえ再結成3ドラムスのクリムゾンは旧作ばかりで・・・。18.1.21

To Top

ELPのシンフィールド詞の作品はまた別のページで紹介中です。
また、展覧会の絵はこちらで見てください。タルカスはここで。恐怖の頭脳改革も別ページ

             関連アーチスト作品INDEXへ
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗