アルバム「リザード」のジャケット画について

ここでは訳詞とは無関係な話で一席。
キング・クリムゾンのジャケット、アート・ワークと言えば、まず想起するのは宮殿の「スキゾイド・マン」、バリー・ゴッドバーとか。不気味なP.J.クルック。最近ではフランチェスカ・サンドステンの顔シリーズ。一応ページ下端に一覧(8.18追記有)を付しておくけど、今回ここでは、「リザード」のジャケットについて述べる。
ジニー・バリスによる「リザード」のジャケットは何より麗美、独特かつ印象的。もっと話題にされてよいのにと思う。単なる販促用とか内容説明用ではなく、アートとしてのジャケットの、早い時期の例。しかも、アルバム曲の内容と不即不離である事でも有名かつ重要。

ジニー・バリスはむしろ、結婚後の姓のジニー・ウェイド http://www.giniwade.com/として知られている。主に子供向けの本を中心に活躍する英国のイラストレータ。最近では後進の指導にも力を注いでいる。「リザード」のジャケット画は美大を出たての頃の仕事。ちなみに「リザード」内ジャケのマーブル模様はKorazwell Papersによるが、実はこれ、当時のジニーのボーイフレンド、後の夫となるデイブ・ウェイドがやってる事務所。デイブ・ウェイドについては後程また話に出てくる。
ピート・シンフィールドから仕事を依頼され、彼女は曲を全く聞かずに、ピートから渡された歌詞と意図説明を元にイメージを膨らませてジャケット画を描いたそうだ。なんともびっくり。

シンフィールドは演奏に参加してはいなかったが、キング・クリムゾン全体のコンセプトを主導していた。詞の面からだけでなく、音効、視覚面からも。初期4作のアルバムジャケットのデザインも主に彼によるもの。それらがあいまってキング・クリムゾンの姿が立ち現れていたと言える。アルバム「リザード」でもWords & Pictures Sleeve Conception とクレジットされている。

ジャケットは表面が主にアルバムLPのA面の詞を元にしたもので、ケルト風に装飾されたCRINSONの7文字にイラストが組みこまれている。裏面は主にKINGの4文字と、LPのB面の「リザード組曲」の詞によるイラストの組み合わせ。個々のイラストは完全に歌詞に基づくものだけではなく、彼女がイメージを膨らませたものもあり、詞と無関係なもの、独自の空想もあったりして、その不整合がまた不思議な味わいを醸している。

で、この先ジャケット画像を引用するが、あくまで説明に必要な引用で、盗用ではないという事でご容赦願う。

まずは表面のCの文字の部分。これは1曲目の「サーカス」の図示。道化師、パレード、怪力男、皿回し。猛獣使い、ベアバック姿の女、アザラシ、ライオン、象、馬、にぎにぎしくも、ぐっちゃぐちゃ。ただ「サーカス」の真夜中に馬に乗ってサーカスへ向かうくだりはMのイラストとも関係あるのかも。

「インドア・ゲームズ」を描いたのがSの部分。Sの上半分にトーガでくつろぐ男主人。ブラの女主人の前には、肌の黒い操り人形がある。男女に言い寄る男二人は太鼓持ちの友人。
下半分には室内花火の赤い炎、こそこそ笑う料理番がいて、鎧を着てる姿、紫の浮き羽根袋姿が描かれている。イカレタ世界だね。

「ハッピー・ファミリー」を描いたのがIの部分。ここに関してはビートルズとの関係について述べているこっちのページを是非とも見て欲しい。

「レディ・オブ・ザ・ダンシング・ウォータ」はRの部分。リュートを弾く紳士が水の精に歌を捧げている。背景の中世風の城は「リザード」っぽいし、赤いバルーンはIの部分の夕陽とも、Nの部分の飛行機に乗る熊とも呼応している。

Nの部分の飛行機の熊はルーパート・ベア。英国の有名な子供向けキャラクター。「リザード」のルーパート王子の庭を徘徊する熊たちという歌詞から、ジニーはルーパート・ベアを連想して、ここに描き込んだものだろう。Nの部分で熊以外は歌詞に直接関係ない。なんせ表面7文字、裏面4文字なので、表面はA面詞とは関係薄いもので嵩マシしているわけだ。B面詞の参照も加えて。
で、ギタリストとドラマーとフルーティストはクリムゾン(メンバーの容貌を伝聞でジニーが想像したもの)かとも思ってたが、説によるとギタリストはジミ・ヘンドリックス(確かに)、ドラマーはジンジャー・ベイカー、フルーティストはジニーの後の夫デイブ・ウェイドだそうだ。でもなぜ。それはジニーのイメージの膨らませ方なのだからしょうがない。

Mの部分のイラストは前述通り「サーカス」も想起させるが、「リザード」中の、死神は収穫の日を定めるという歌詞も意識されているのかも。ジニーは、戦場へ向かう王が不吉な運命を告げられるマクベスを連想して描いているのかもしれない。

Oの部分にはミュージシャン、そしてジャグラー。Iの夕陽に対応した朝陽? 朝陽ゆえ「リザード」中の「夜明けの歌」にあたるのという説もスペイン語のサイトにあるが、これは無理筋。私が思うに楽団とジャグラーは「サーカス」のもの。楽団は「ビッグ・トップ」を奏でているのだろう。ビッグ・トップはサーカスの大屋根。アルバム冒頭のサーカスと関連ありアルバムを締めくくっている「ビッグ・トップ」だ。

裏面は4文字とケルト模様。全てが「リザード組曲」がらみと思われる。

「ルーパート王子のめざめ」は主にNの部分に描かれている。城中で目覚めた王子が 孔雀に餌を与えている。ここから蜥蜴の物語、別名孔雀の物語が育っていく。険しい山塊はKの戦場のシーンに呼応している。空には竜(目覚める王子の象徴?)。芝生の庭に雨の木?があって、よく見ると熊もいる。細かすぎて見えないが池にいる白いものは白鳥か?

Iには、仮面の踊り手と楽団の行列、城等。まさか旅商人じゃないよな。諸説あるらしいが、私にはこの図は、具体的な歌詞はないものの、「ボレロ」の旅程を思わせる。

Kは「戦場のガラスの涙」。右上部分は、闇に包まれていないものの、きれぎれの耕地、川辺や牧草地がある。The reapersを死神達ではなく、農夫・刈入者達と解釈すればどんぴしゃ。「夜明けの歌」の歌詞の緊迫感とはまた異なってはいるが、そこはジニーの独自性。のどかさとの対比で左下の激闘を際立たせる。
左下の戦場図は断じてモンゴル兵とフリードリヒ2世の戦いではない。どう見ても中世の日本の甲冑。元の歌詞にはモンゴル兵とかフリードリヒ2世などと一切書かれていない。なのでジニーの自由なイメージで中世の西欧版騎馬武者と日本版の姿を借用して描いたのだろう。それを後からモンゴルと神聖ローマ帝国の宗教戦争だとこじつけるなんて、そりゃ冗談だよな。

そして最後がGの図。これが「ルーパート王子の嘆き」なら良くまとめられた話なのだが、いやいや、Gの図が一番意味不明だ。スペイン語のサイトでこれが「ビッグ・トップ」関連だと述べているのもあるが全然根拠なし。
赤服の本を開いている男は僧院長にしてもグノーシス派始祖にしても若すぎる。他の奇人・変人・怪物等も意味不明。地球を足で回すのはひょっとしたら「ハッピー・ファミリー」からの連想?中央の男が手にする細長い涙型のガラス状のものは“ルーパート王子のガラスの涙“だろう。これについてはこっちのページを是非読んでほしい。緑の一つ目は、後日の「ラディカル・アクション」のサイクロプスにつながっていく?なんてね、嘘だけど。


で、主要アルバムのジャケットデザインのクレジット
69年 クリムゾンキングの宮殿   カバー画  バリー・ゴッドバー
 シンフィールドの友人だったが夭折   
 70年 インザウェイクオブポセイドン   カバー画  タモ・ディ・ヤン
 画家兼宗教家、絵は「12の顔」    
デザイン インナー画  ピート・シンフィールド 
 70年 リザード    コンセプション  ピート・シンフィールド
 外ジャケット画  ジニー・バリス
 内ジャケ墨流し  コラズウェル・ペーパーズ
 71年 アイランズ   内外デザイン&画  ピート・シンフィールド
 内ジャケが外ジャケに採用された事も有り  
 73年 太陽と戦慄     カバー・デザイン  タントラ・デザイン
軽いノリで決められた意味深デザイン  
 74年 暗黒の世界     カバー・デザイン  トム・フィリップス
イーノのジャケットも手掛けて有名  
 74年 レッド     カバー・デザイン  ジョン・コッシュ
 写真撮影  ジェレッド・マンコウィッツ
 実は3人別々に撮影した  
 81年 ディシプリン   グラフィカ  ピーター・サヴィル
 シンボル  スティーヴ・ボール*
*後日シンボルはDGMロゴにも採用、盗作疑惑騒動経て、中途変更有、詳しくはココ 
 82年 ビート   カバー・デザイン  ロブ・オコーナー
フリップのソロ作も手掛けている
 84年 スリーオブアパーフェクトペア     カバー・シンボル  ピーター・ウィリス
 カバー・アート  ティモシー・イームス
ウィリスとフリップはJ.G.ベネットを介した知人 
 92年 グレート・デシーヴァー     アートディレクション  ビル・スミス
この頃の編集版・音源発掘物はほぼビル・スミス
 94年 ビー・ブーム  デザイン&コンピュータ・イメージ  ビル・スミス・スタジオ
 95年 スラック  デザイン&コンピュータ・イメージ  ビル・スミス・スタジオ
 97年 エピタフ   カバー・アート  P.J.クルック
このころからP.J.クルック時代
 97年 ナイト・ウォッチ   カバー・アート  P.J.クルック
 デザイン  ビル・スミス
 98年 アブセント・ラヴァーズ   カバー・アート  P.J.クルック 
 デザイン  ヒュー・オドネル
 この頃の編集版・音源発掘物、プロジェクト物もクルックが中心
 00年 ザ・コンストラクション・オブ・ライト   アートディレクション  ヴィヴィドイメージズ
プロジェクトXとTCOLは、珍しくクルック以外 
 00年 ショーガナイ  アート・ワーク  P.J.クルック
 01年 レヴェル・ファイブ   カバー・アート  P.J.クルック
デザイン  ヒュー・オドネル
 03年 ザ・パワー・トゥ・ビリーブ  カバー・アート  P.J.クルック
 16年 ラデイカル・アクション   カバー・アート  フランチェスカ・サンドステン
フリップの友人、 再結成以降はフランチェスカ・サンドステンを多用  

×このページはブラウザの終了ボタンで閉じてください。
*もしくはキング・グリムゾン・トリビア索引頁へジャンプ。

Last Update 19.8.18 by K.T.