ビート 解説へ
英詞他情報 
「ニールアンドジャックアンドミー」
*Neal and Jack and Me
僕は車輪 廻る車輪
1952年製ステューベーカークーペ
僕は車輪 廻る車輪 慌ただしく廻る車輪
1952年産まれのスターライトクーペ

・・・路上・・地下街の人々
コディの幻想・・・パリでの悟り・・・
もったいぶったこの街の妙なスパゲッティ・・・
ここは見たことのある絵葉書
黒い服のくしゃくしゃ頭のガキどもが過ぎ行く
その両手一杯にはサイン入りのナプキン
僕らは荷台の林檎とサンドイッチを掻っ込んで
ロビーに突入する 急いであせって急いで止まるロビーライフ
いびつなキーのために急いでは止まり
そのキーで新品の石鹸と封筒へと至る・・・

真新しいブルーのベッドの上 ホテルルームでホームシック
そして自宅へとかつてない長電話
不眠 不眠 不眠 不眠 いらつくんじゃない
時間潰しのビデオマシン 街の光景
説明不能 午前4時にセーヌに一人
午前4時にセーヌで一人
ニールにジャックに僕 不在の恋人達 不在の恋人達
ニールとジャックと僕 不在の恋人達 不在の恋人達

To Top

ハートビ−ト(君の鼓動)」
*Heartbeat
君の鼓動と一つになる感じ
間近に 自分のものみたいに
その感じがほしい
君の鼓動と一つになる感じ
間近に すべて僕のものみたいに
その感じが必要なんだ
僕の手が梳く君の髪
君の髪を梳く手の感じ
その感じを忘れはしない
二人で刻んだリズム
リズムが一つになる感じ
その感じを忘れはしない
いつの日かまた君のそばに立って
そして 君の鼓動を僕は間近に
ほんとの間近に感じたい

To Top

「サートリインタンジール(タンジールの悟り)」
*Satori In Tangier


「ウェイティングマン(待ちつかれた男)」

*Waiting Man
僕は帰る 帰っていく
君もわかるよね
帰途につく僕の顔に浮かぶ笑み
待ちくたびれた男の笑顔さ
もうすぐ もうすぐ もうすぐで家だ
すぐにもその肩を抱いて泣きたい
君の肩越しに流す熱い涙
待ちつかれた男の涙さ

1234 123・・・
iいつも指折り待っている
待って待ちつづけているんだ
友が言ってくれるのを待っているんだ
ハロー、ウェイティングマン
あせるな あせるな あせるな
待てばいいんだ いらつくことはないと
だから僕は待つ 僕は待つ 僕は待つ

やっと帰る 顔に浮かぶ笑み
家に戻り すぐにも君の肩に泣きつく
待ちつかれた男の涙さ
常に待ち侘びていたんだ
友が言ってくれる
ハローあせるな 待てばいいんだと
そして僕は待った
そして戻る わが家に ついにここわが家へ・・・

To Top

「ニューロティカ(神経症の世界)」
*Neurotica
グッドモーニング 今午前3時だ
でかい罵声に溢れるこの街
ここに犇めくのはパーキングをぶち壊すゴミ喰い野郎共
広場に面した窓に見えるのはピッチリした肌にすり減ったヒールのチータ
夜通し食い続けるカバ 通りを突っ切るインパラ小僧の黒い群
モンッアをかき分けていくキンキラキンの手長猿
かと思えばまばゆい髪飾りをした日本猿だ
じっくり見ろよ シュモクザメがマンドリルと手をつないでいるなんてのは
この世のどこでもお目にかかれない光景さ

悪臭に騒音 そうとも そうとも
吠え猿のガンガン響く演目も
ちっとは歌っぽい熱帯の鳥の声と混ぜればまだマシだけど
気短なタクシーのわめき声 年寄りトキのしゃがれ声 義眼のフエダイの新聞売りの声
こんなもん無くても結構だし 警戒すべきは
毒まみれの流行語の哄笑 世間のおちこぼれのフルーツ蝙蝠 紫の女王魚
雑誌売場と話し込むへらず口は誰だ
絶対奴はおいしい話を聞いているんだ

ネオンの熱病をくぐり抜け
ニューロチカへようこそ
群がる一団に誓わされ
醜悪な地区で冷や汗
俺は移ろう光景の中をさまよい歩く
俺には鰭がない 
翼も毒針も鉤爪もなけりゃ保護色もない
もう吐き出す言葉もない

ほら あの角に居るのは象魚じゃないか
見ろよ キツネザルだ 山椒魚だ ヌールベンジャーだ
カブトサイだ キヌザルだ アマガエルだ 小石トカゲだ
イモリ ガンギエイ ムクドリ サンガゼル ヘラサギ 小判鮫
奴らはそこら中に犇めいて
全く生きたレヴューだ でたらめな取り合わせの獣のパーツだ
いまや夜毎の乱痴気騒ぎ ここニューロチカにて
ソー ロング

To Top

「トゥーハンズ(両手)」
*Two Hands
二人は触れあっている
互いに触れあっている
二人は感じている
互いに押したり動いたり
愛し合い 愛し合い
合わせた両の手のように

私は壁の絵に描かれた顔
ポーズをとって身震いをして
そしてベッドの足元の方から見つめる
そして時々思う 全てが感じられと

風が吹いている
私の髪は二人の方へと靡いている
風が髪を靡かせている
絵の中には窓は無い
開いた窓は無い 開いた窓はない 開いた・・・

To Top

「ザハウラー(叫び)」
*The Howler
ここには世俗の欲望まみれの天使が居る
試練の中に留められ 
ねじれた煙草を手に
裏まった小路の物陰に隠れて
通りすがる声に挑み掛かる
うす暗くあやしげな
ここには怒りの叫びがある

ここには溜まり場の聖なる顔がある
地下鉄の饐えた臭いのなか
頭はとうに狂い
誇大妄想でまるで知的に祈ってみせる
一心不乱に集中する
長細いマッチに
炎の叫びを燃やそうとして

違う 違う 俺は違う
燃えろ 俺は燃えたくないが・・・


「レクレイエム(鎮魂歌)」
*Requiem

To Top

Back   Next Last Update 00.7.20 by K.T.
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗