U.K./U.K.        Last Update 2011.04.19 by K.T.
「イン・ザ・デッド・オブ・ナイト」
*In The Dead of Night
お前もやはり
片目を開けたまま眠る人種
神経を擦り減らす
切羽詰った孤独の時間
床のかすかな物音にも
思わず灯りを求めようとして
手のひらには汗をかき
ノックの音に肝を潰す

闇夜の只中で
闇夜の只中で

金持ちや権力者達は気がたかぶる
解放されたくとも思惑が絡みつく
思うがままにふるまうのは
倦み果てた怯えあるいは幻想
奥からの押し殺した叫びを
裏切るのは閉ざされた窓
何が始まろうとしているのか
求めても目には映らない

闇夜の只中で

To Top

「バイ・ザ・ライト・オブ・デイ」
*By The Light Of Day
黒雲が灰の空をよぎり雷を呼ぶ
活発な日が昇り発熱し流血する
火と水の元素は猛り
地平は血の色へと溶けだしていく

日の光のもとで
日の光のもとで

寡黙な車輪が月日を押し進め
労力と苦闘とが畏れを育て
恋は儚くただの偽り
終幕を早く招き寄すのみ

日の光のもとで
日の光のもとで

To Top

「プレスト・ヴィバーチェ・アンド・リプライズ(急速展開部及び再現部)」
*Presto e Divace And Reprise
罪の報いが現実に起こるだなどと
たわごとを言ってくれるな
壁の様々な書付は
何を勘定し何を取引するというのか
人は木々を見て森が見えぬというが
さもありなん
いかなる香水であれ
風にたなびく瘴気は覆いようがない

日の光のもとでは
闇夜の只中では

To Top

「サーティー・イヤーズ」
*Thirty Years
一生かけて虹を追い求めてはきたが
もはや退場の時だ
陽の影が表面をなぞるようなもの
所詮君が見てきたと思ったものは
それはたかだか過ぎし日の残照でしかない
誰かが君の空に星を灯そうとした時の

君が思い描いたことなど
崩れた砂上の楼閣
涙の潮流が
怯えが流し去った楼閣だ
変化に富んだ君の夢も
岩の淵に落ち去っていく
打ち捨てられる
危険な路上であっけなく分解する
人生に於ける不滅の愛だなんて考えは

いつか君も想う時が来るのか
好機を逸した無念
濡らした涙
焼け落ちた橋
今学ぶ暗礁に乗り上げたこの30年を

思い描いた事すべてについて
死の床を前にしたこの30年を

一生かけて虹を追い求めてはきたが
もはや退場の時だ
陽の影が表面をなぞるようなもの
所詮君が見てきたと思ったものは
それはたかだか過ぎし日の残響でしかない
誰かが君の空に星を灯そうとした時の

To Top

「アラスカ」
*Alaska


「タイム・トゥ・キル」
*Time To Kill
シーツもずたずたのうえに氷の寒冷
扉の外には狼
もはや1日たりとも耐えられぬ
この地での犬同然の哀れな暮らし

まぶたを閉じて想ってみよう
遥か彼方の
白砂と
カリブの紺碧の海

陰鬱で孤独なだけの休暇さ
なにせここから抜け出せない

雨漏れの滴りが
蛸部屋に響く
発狂するしかあるまい
この世の地獄を生きながらえるには

極寒の刑務所に耐え続ける
バビロンの幽囚
こんな明晰な意識も
奪い去られるのだろうか

時間をつぶし
どこにも行けず
時をやり過ごす
この場にとどまり

To Top

「ネヴァーモア」
*Nevermore
もう二度とはない
この光景
黒き森に
冷たき月光

青い影が
映し出される
窓に
ありありと

さあ行かねば
ソーホーへと
大胆な気分が そがれない場所

琥珀の豪奢と
灯火と
ビアグラスの
霧の夜

さあ行かねば
ソーホーへと
ブラックタイ 夜の騒ぎ 浮浪者 街灯

独身者向けのバーに
鮫のごとく回遊する車
ソーホーのネオンのきらめき

夜の明けていくとき
お前は眠い目を
ゆっくりとこすっては
反芻するかつての
ソーホーのネオンの幻惑
瞳には窓にありありと
映し出される
ソーホーのネオンのきらめき

To Top

「メンタル・メディケーション」
*Mental Medication
心理療法
世の万物へ向けて行う
甘い音楽による対話

メロディーの交歓
瞑想で無になり
療法に没入する
君の啓示が身近に欲しい
一人になってみて
僕は認識する
君という真実は不滅だと

君の目の太陽の輝きで
簡単な嘘で
君は僕をたぶらかした
なんとも不思議に清明な君の誘い

君の誘い声の調子は
僕に選択の余地を与えない
君はその過激な炎で僕を導く
深層に寄る横たわる欲望へと

君のその強気が
君から離れ行く時は
行くえ定めぬ地獄となる
呼び声は清明でありながら
激しい調子で
君は言い続ける
君は私を求めていると
君の暗く赤い扉を通る道を示してくれ

心理療法
音楽の対話
君による啓示を求める
メロディーの交歓

To Top

発売当時のアルバム邦題が「憂国の四士」。収録曲は順に「闇の住人」、「光の住人」、「光と闇」、「若かりし頃」、(アラスカ)、「時空の中に」、「ソーホーの夜」、「瞑想療法」である。意図的なのだろうけど、いずれも変に力の入った勘違いタイトルばかり。「時空の中に」なんてまったく意味不明だ。実際の歌詞の内容はそんなおおげさなものではなく、せいぜいこんな程度のもの。曲調はサイコ-ダヨ、だけど詞はボチボチダヨ。
「ブレスト・ヴィバーチェ・アンド・リプライズ」は「ブレスト・ヴィバーチェ(音楽用語で、素早く活発に)」の前半と「リプライズ(音楽用語で再現部)」の後半に分けられる。前半の「ブレスト・ヴィバーチェ」は独立してライヴ版のナイトアフターナイトでも演奏されている。後半になり「イン・ザ・デッド・オブ・ナイト」の旋律が出てきてからが「リプライズ」だから、この詞は正確には「リプライズ」の歌詞である。
「リプライズ」の最後の個所の香水はいわば真実、雑多な惑わすもの=悪臭を隠して、真実を見えるようにするのは困難だと言いたいのであろう。
それから言うと、「サーティー・イヤーズ」中の星を灯すというのは運命を授けるという事。「タイム・トゥ・キル」の舞台は当然アラスカなのだろう。
また、「メンタル・メディケーション」の詞は正直いうと私にもよくわからない。助言希望。
私が元にしたのはJ.ウェットンのサイトの、ウェットンお墨付きの歌詞。国内版CDに掲載の歌詞とはちょっと違う。国内版の対訳についてもちょっと違いが目立つ。
また、ウェットンやUKの他の作品は別のページで紹介中。UKのセカンド、デンジャーマネー全曲はこちら。

To Top

関連アーチスト作品INDEXへ
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗