U.K.その他&J.ウェットン  Last Update 2015.3.7 by K.T.

「コート・イン・ザ・クロスファイア」
*Caugt In The Crossfire
冷たく暗く孤独な夜
もう戻れないと分かっていたね
君は愛したものを2つとも賭け、失って
辛いことだが、そうして学ぶ

僕も若い頃には、自分は変わらぬと信じてた
だが、価値観が同じままでいるわけない
まどろっこしいがこうした回り道で
人生の再構築を確認する

僕も受けたさ 十字架砲を受けた
君と僕とのあいだで 僕とあの娘のあいだで
僕も受けたさ 十字架砲を受けた
右と左とのあいだで 正と誤とのあいだで

経験は楽じゃないさ
未知の世界だから
人の群をつっ切る道があって
そこを一人っきりで歩むのが僕さ

出発から決断をせまられて
決めるのは僕一人
夜明けの出航は穏やかでも
日の暮れには潮にもみくちゃだ

僕も受けたさ 十字架砲を受けた
君と僕とのあいだで 僕とあの娘のあいだで
僕も受けたさ 十字架砲を受けた
何が正しく 何が残された道か

そう、毎日僕は進む道を求め続け
ここを立ち去るために移動し続け
この悲しみを沈め、眼鏡をかけ直し
明日こそは、明日こそは・・・


right(右と正しい)とleft(左と残った)を掛詞で使っている所は、ちょっと小技。
アルバム「コートインザクロスファイヤ」収録のタイトル曲。彼の作った詞は彼のサイト、チェイシンドラゴンに掲載されていて、この曲も、このページを見てください。

To Top

「ゲット・ファット・ユー・ワンツ」
*Get What You Want
君はいつだって生き残る
いつだってしぶとい奴
判断力をポケットに備えて
全ては望みのまま
タイタニックに乗りゃ好天
船は進行フル回転
海が冷たくなっても動転しない
だって君はベッドで目覚める所

君はいつだって別格さ
どうなるのかもお見通し
僕が歩ける頃に君は走ってたし
僕が手つかずの間に君はもう完了だ
何だって望みのまま

君はナポレオンと取り巻きみたい
葉巻も既に尽き果てて
君はウォータルーの戦場へと
聖戦の険しい道を辿るみたい
だけど君はいつだって出し抜く側
淡い期待もついえ果て
僕はサーカスに夢中になってても
道化が死にやしないかびくつく性格

君はいつだって別格さ
どうなるのかもお見通し
僕が歩ける頃に君は走ってたし
僕が手つかずの間に君はもう完了だ
何だって望みのまま

行く川の水は絶えずして
もとの水は残らぬが
はした金でもいい残してくれ
行き先くらいは言い残してくれ
僕には君が解らぬが
何故だか惹きつけられている
だから君が舞い戻るのを待ってみよう
だって僕は待つ・・・

タイタニックに乗る好天
依然船はフル回転
海が冷たくなっても動転しない
だって君は何だって望みのまま

君はいつだって別格さ
どうなるのかもお見通し
僕が歩ける頃に君は走ってたし
僕が手つかずの間に君はもう完了だ
何だって望みのまま

ファーストソロアルバム「コートインザクロスファイヤ」にP.シンフィールドが提供した詞。元の歌詞はこちら参照
正直内容がつかみにくいが、ウェットン+シンフィールドの曲ともなれば放って置けず、強引に(駄洒落込みで)訳した。
何故期待はやぶられ、死に怯えるのか。何故川の流れを見ろとか、金を置いてけとか言うのか・・・。シンフィールドの意図が分からず、自分の主観でもって色づけしてみた。
しかし、国内版ライナー訳はといえば、前後の意味のつながりなど気にせずに1言ずつの直訳だし。そんな訳と、曲解かもしれない私の訳と、果たしてどちらがマシかなんて言えやしないが・・・。

To Top

戦線の彼方(バトル・ラインズ)」
*Battle Lines
僕は誇りを捨てて こらえてきたが
潮目の変わる時が訪れた
僕は境界を作り 壁を築いてきたが
もうこれ以上夢を失いたくはない
無邪気な日々 遠い昔に僕は屈服したが
僕を高く舞い上がらせる風が何処かにある
平安をもたらす暖かい手が
庇護をもたらす心が

取り戻そう
置き去りにしてきた無邪気な日々を
信じている それはまだ生き残っているさ
戦線の彼方に
百万マイルの地の果て海の果てであろうと
純潔の川を泳いで行こう
それはまだ流れているさ
戦線の彼方に

僕はもう一山乗り超えねばならぬ
生きてきた中で幾他の山を克服したさ
もし僕から太陽が消え去っても
真実の光が示してくれるさ
無邪気な日々 遠い昔に僕は屈服したが
慈悲を告げてくれる声が何処かにある
事実を見通す澄んだ目が
終わることなき愛が

取り戻そう
置き去りにしてきた無邪気な日々を
信じている それはまだ生き残っているさ
戦線の彼方に
百万マイルの地の果て海の果てであろうと
純潔の川を泳いで行こう
それはまだ流れているさ

永遠の夢幻よ
主よ 決して夢を取り上げないでくれ
僕はここに立っている 運命の分かれ道

取り戻そう
置き去りにしてきた無邪気な日々を
信じている それはまだ生き残っているさ
戦線の彼方に
百万マイルの地の果て海の果てであろうと
純潔の川を泳いで行こう
それはまだ流れているさ

戦線の彼方に

94年一旦エイジアを抜けたウェットンのソロアルバム、「ヴォイス・メール」収録曲。映画「チェイシング・ザ・ディア」の主題歌に採用された事で、一応彼の代表作という事であろう、自身のソロ・ライブ・アルバムで8回、ほとんど毎回収録し、他にもS.ハケットとの来日版とかで、名詞代わりに何回も演っている。
訳詞で、風が、声が「何処かにある」と訳した所がミソ(意訳だけど)。「一体どこにあるのか」では、夢を求める決意が伝わってこない。
the edge of destinyをついつい「運命の分かれ道」と訳してしまったが、いとこい師匠の10万円、7万円、5万円運命の分かれ道…覚えている人は60年以前の生まれの人だけだろうなぁ、…我ながら古い。

To Top

アークエンジェル(救いの天使)」
*Arkangel
君はいつもそばに寄り添い
支える紛れない僕の魂
不確かさは微塵もなく
君なくして僕は完全ではなく
君は救いの天使 僕の心にして導き手
僕らのでくわす あらゆる危機に際して

君は僕の勇気
僕の歓喜
君は希望を与える 失意の底にも
僕のような罪人にも
その羽根は僕を包み込み 夜じゅう抱き留めてくれる
君は救いの天使 僕を照らしてくれる

君は永遠の誠
僕がくじけてようと
支えてくれたのは毎度
悟らせてくれたのは幾度
闇の中のキャンドル 海の上の油跡
君は星となり 僕を導き

感じる君の力添え
親しくなじんだその声
転落の間際 険しい地獄への階段で
抱きとめてくれたその腕で
死へと至る幼児期の試練に
ここにいておくれ救いの天使 僕のそばに

97年のソロアルバム「アークエンジェル」から表題曲。ロバート・フリップがこの曲の中間でギターソロを弾いているというので話題になった曲。
Arkというのはノアの箱舟、転じて最後に救ってくれる舟のようなもの。そんな守護天使を歌った詞。見方によっては甘ったれた詞である。元の英詞が脚韻を踏んでいるのを真似て訳詞でも脚韻を踏んでいる。
オリジナルの英詞は彼のサイトで。

To Top

フォーエヴァー・アンド・エヴァー(永遠より永遠)」
*Forever And Ever
僕の元へおいで すぐに何も言わずに
僕は信じるべきと解かったんだ
限りなくそれを あるがままに
いかにも解かった いまだないほど

それは永遠 永遠より永遠
永遠のうえに永遠に

君の瞳にそれが輝くのがみえる
ありとあらゆる永遠
まばゆいばかりのもの 黄金
君と僕に取っての未来のすべてが

それは永遠 永遠より永遠
この世の終わりまでも永遠 

平和の鳩 宝石の指輪
敢えてガラスを覗きこみ
上げ見る 空には
僕達の星の永遠の輝き

それは永遠 永遠より永遠
永遠のうえに永遠に
この世の終わりまでも永遠 

99年のI.マクドナルドのソロアルバム「ドライヴァーズ・アイズ」収録作。詞と歌がウェットンで、曲と主要楽器の演奏がマクドナルド。そうくれば、取り上げないわけに行かない。歌詞はこちら
ライナーノーツには「クリムゾン風の曲」との紹介があったが私には、メロディーはフォリーナー、リフでは“イン・ザ・デッド・オブ・ナイト〜(UK)”と歌いたくなるし。アレンジはムーディー・ブルースってとこか。そもそも「ドライヴァーズ・アイズ」には安易な間に合わせ的な曲が多い。勿論「レット・ゼア・ビ・ライト」とか傑作もあるけど。で、この曲はまだマシな方の部類。
訳詞は韻を踏もうとして中途半端で終わっっている。あと、歌詞でglassってのは窓ガラスだと解釈。覗いた先の上方に空があるのだから。複数形なら眼鏡とか望遠鏡かもしれないが、単数形だからね。

To Top


ナイト・アフター・ナイト
*Night After Night
夕闇が高速道路に垂れこめる
車灯の列は宝石へと変わる
僕は狂ったように車を飛ばしている
このまま家へ帰るというのならいいのに
ねぇ君 君と一緒じゃなければ
僕はもう まともではいられない
夜ごと夜ごと
そしてまた続く夜に

他人顔の君の目を見る
過去の自分がよみがえる
昨日とは後に残るもの
未来はあまりにも速く行く
ねぇ君 君と一緒じゃなければ
僕はもう まともではいられない

夜ごと夜ごとに
また同じろくでもない諍い事
良くない事とは承知の上で
繰り返された 夜ごと夜ごとに

滑走路の上の赤い灯を見る
飛行機はあまりにも速く行く
エンジンの残響が聞こえる
後に残るのは美しい沈黙
僕は思い返す 君との距離について
語られる事のなかった言葉を

僕は思い返す 君との距離について
語られる事のなかった言葉のあれこれを


UK来日時に作曲して来日公演で演奏された曲である。同タイトルの来日ライブ盤、「ナイト・アフター・ナイト」に曲は収録されている。本来3作目のスタジオアルバムに収録するつもりだったのだろうが、残念ながらUKはそのまま解散したのである。
詞の内容だが、2番の頭に唐突に出てくるstrangerとは誰なのか。その人を見て、愚かしい自分の姿がよみがえる他人という事は、いまや他人となった君、君を見て悔やむのだと私は解釈し、「君の」の語を補っている。
随所に類比が織り込まれ、同じ語が異なる意味を持ち、なかなか凝った作。尚、歌詞はウェットン公式サイトには掲示されていない。2枚のスタジオアルバムに含まれていないので無視された格好。歌詞検索サイトを参照の事。

To Top

アズ・ロング・アズ・ユー・ウォンツ・ミー・ヒア」
*As Long AS Want Me Here
僕と二人っきりで会ってはいけないよ
会えば大変な事になる
世界の終わるまで君のそばにいる事になる
僕にいてほしいと君が願う限り

僕にステージに立ってというのなら
仲間の前で裸をさらし
心から思いのたけを毎晩君へ歌う事だろう
僕にいてほしいと君が願う限り

一緒にいてほしいと君が願う限り
君のためなら僕は何でもする
何ができるのか言ってくれ
君がそう 君がそう願う限り
一緒にいてほしいと君が願う限り
人の事など僕は何も気にしない
何と言われようと一緒にいよう
君がそう 君がそう願う限り


僕は雑誌の中で君の写真を見かける
見れば心が燃えあがる
永遠に君を満足させたいと思う事になる
僕にいてほしいと君が願う限り

君に大災難が降りかかるというのなら
僕は必ず馳せ参じ
地獄巡りにも喜んで君に付き従う事だろう
僕にいてほしいと君が願う限り

一緒にいてほしいと君が願う限り
君のためなら僕は何でもする
何ができるのか言ってくれ
君がそう 君がそう願う限り
一緒にいてほしいと君が願う限り
人の事など僕は何も気にしない
何と言われようと一緒にいよう
君がそう 君がそう願う限り

君が僕を見棄てぬ限り
僕は君を離さない
なぜって僕は君と離れたくないから
僕はいつもそばにいると信じて

一緒にいてほしいと君が願う限り
君のためなら僕は何でもする
何ができるのか言ってくれ
君がそう 君がそう願う限り
一緒にいてほしいと君が願う限り
人の事など僕は何も気にしない
何と言われようと一緒にいよう
君がそう 君がそう願う限り


「ナイト・アフター・ナイト」同様、来日時に作られ、来日公演で演奏され、同タイトルライブ盤だけに収録されている曲。同様に歌詞はウェットン公式サイトには掲示されておらず、歌詞検索サイトを参照の事。ここではもう「UK」の歌詞の硬質さは影を潜め、後のウェットンのソロ作と似た感じである。
「君がそう 君がそう願う 限り」の個所は、”as long as you want me, as long as you want me here"と繰り返して歌っている所を再現したつもり。

Wettonがその後結成したエイジアの詞をまとめたページもあります。
尚、彼の盟友、リチャード・パーマー=ジェームスのページにもウェットンの曲があります。

To Top

ターン・イット・オーヴァー by エディ・ジョブソン
*Turn It Over
裏を見てみよう
そばに置いてじっくり
裏を見てみよう
君の声が聞こえるかもしれない
別の動画がある
別のヴィデオも見よう

(裏を見てみよう
 画面まで近づいてみて
 反対側から
 裏を見てみよう
 何を言いたいのか解かるかな
 僕が消える時君はそこにいる
 君は僕を必要としないのさ)

裏を見てみよう
反対側から
裏を見てみよう
慎重に裏返して
裏を見てみよう
後ろ側から
裏を見てみよう
テレビ画面はつけたまま

裏を見てみよう
僕に目を向けさせようとしても
裏を見てみよう
僕が君のTV(夢)の中にいる以上
すべての場所(拡がり)は消えてなくなり
君が TVをつける(それを裏返す)時にそこに僕はいる

おまけで、エディ・ジョブソンである。13年の来日公演のDVDが15年になって発売されたエディ・ジョブソン。83年作「ザ・グリーン・アルバム」から今更ながら一曲訳そうと思った。となれば、発表当時、シングル・カットされて、プロモーション・ビデオも結構TVで観た覚えがある、この曲しかあるまい。
ところが、何ってこった。ジャケットに印刷されている歌詞(国内版対訳の元になっている)と実際に歌われている歌詞(ネットに上がっている)とは違うじゃないか。公式サイトで正式な歌詞を確認しようとしたがそれもない。
似たような詞の変奏なので、いちいち異同は記さないが、上記訳詞中括弧( )で囲んだ部分は歌われているもの、下線部はジャケット記載のもの。それ以外が共通の部分である。

To Top

関連アーチスト作品INDEXへ
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗