ザチアフルインサニティーズオブジャイルズジャイルズ&フリップ 解説へ
英詞へ

色々訂心したにもかかわらず未だに自信の無い箇所があります。引き続き見直して行きます。

「北国の草原」
*North Meadow
そよ風は木々を揺らして歌わせ
柳を吹き抜け心地よく
赤くはれぼったい目の太陽はあくびして
草原を目覚めさせ朝に変える
これでまた新たな一日は始まる

自然は巡りくるその恵みを与え
この田園地帯を四季で彩る
すっかり憂鬱も晴れる

そよ風は木々を揺らして歌わせ
柳を吹き抜け心地よく
小さな草地は高い柳に向けて
秋風のようにざわめき
なにもかもが夏のよう

小魚の川辺にとりついた冬は
柳の樹を震えさせ
唐突にあたりは春へ一変する

To Top

「新婚さん」
*Newly-weds
新婚さんは夫婦で浮かれているけど
生活自体をカタに博打している事に気づいてないのかな
あいつら週末の夜にはその生活の極みに耽るんだけど
もっともそれって僕もやりたがっていた事なんだけどね

とは言ってはみたけど一方で
新妻は結婚指輪を手にし
愛は全てに打ち勝ち
生活を分かち合い営ませてるんだよね

亭主は日がな自宅の扉の前で馬鹿男どもを警戒している
法律で禁じてる訳じゃないからそれも構わないけどね

とは言ってはみたけど一方で
新妻は結婚指輪を手にし
愛は全てに打ち勝ち
日々をを分かち合い営ませてるんだよね

新婚さん達は夫婦で浮かれているけど
生活自体をカタに博打している事に気づいてないのかな

To Top

「どこにもいる男」
*One In A Million
彼は部屋を借りていて小さい店は順調だ
店にはやたらたっぷりの債権
恋女房は月曜には53歳
一人息子は海軍に入っている

しかしそれを誇る事はしない
特にそれを言い立てはしない
彼はどこにでもいる男
彼はどこにでもいる男

彼は部屋を借りていて小さい店は順調だ
店のまわりにはにぎやかな広告
彼は現在全てに満足しきってる
舗道ぎわの黄色い線以外にはね

彼にはなにも原因をつくらないので
争わなければならない様な事も皆無
だから幸運だし幸福なのだ
まあいいって事でもないけど
それで別に悪くもないけどね

彼は部屋を借りていて小さい店は順調だ
店の後ろには自家用車も止めてある
2千件もの保険加入客がいるし
じき年金も満期になる

しかしそれを誇る事はしない
特にそれを言い立てはしない
彼はどこにでもいる男
彼はどこにでもいる男

To Top

「コール・トゥモロー」
*Call Tomorrow
明日を願うのだ
明日を願うのだ
今日の日ではなく

牧師の娘ジュディーは
赤ん坊を生むのだろう
きっと人々が言ってるのが本当なら
彼女は身を持ち崩して
そして路ばたで倒れていた
それは僕が騙したのだ

日曜日気分の教区民たちは
お祈りしているが、ジュディーはその中にはいない

牧師の娘ジュディーは
僕とはセンスが合わなかったのだろう
噂を聞き薄笑いも消えた
悪行を正すためには
かつての僕とは変わらねば
自分で自分が情けない

明日を願うのだ
今日の日ではなく

To Top

「ディギング・マイ・ローン」
*Digging My Lawn
ある日曜の早朝 ともかく僕には早い時間だ
ダブルベッドから滑り落ちたとき 何を見たと思う

夜が明けようかという時分に外に人影が
僕の知らない男が家の芝生を掘り返している

彼女の夫かはたまたコソ泥 僕は考え込んだ
奴はなぜノートに 車の番号を控えてるのか

僕が電話をかけ99まで回したとこで
「ナイン、やめて!」と彼女は言った
彼女は半分ドイツ人の混血で
半分ベッドの外に出ていたけれど
どっちの半分が出てたかなんて言ってる場合じゃない

彼女は振り向いて
顔を赤らめてた

「あれは私の夫よ」と彼女が囁くのを聞いて
僕は冷汗をかき出した
下手こいた、またしても裏目に出ちまったよ

夜が明けようかという時分に外に人影が
僕の知らない男が家の芝生を掘り返している

To Top

「リトル・チルドレン」
*Little Children
少年の純真
いまだ知らぬ愛の味
しかしその愛の行方を
見知る時は
生きよ愛せよ さればまた学べる筈

幼女の純真
もつれ解かれぬままの人生
しかしその愛の行方を
見知る時は
生きよ愛せよ さればまた学べる筈

遊びでしか知らぬ愛の味
飽く事なき人生の味を
子供達は学び楽しむことだろう

この世のどこで彼らは真実と
心の平和とを見つけるのだろう
南部州の丘以外の一体どこで
彼らは自由を知り
あるいは愛と慈善とを感じるのだろうか
南部州の丘でなくどこで

遊びでしか知らぬ愛の味
飽く事なき人生の味を
子供達は学び楽しむことだろう

To Top

「クラスター」
*The Cruster
君はその渋面で現実に対し疑念を抱き
見極めようと努めてるが
混乱の車輪はけがれなき甘美の陰にこそ多く潜んでいる
しかしそれはけがれなき甘美というより
そう、ぴかぴかの色

極めて意図的に塗布された色
しかしそれで汚点を隠せやしないのだ
ふりしきる雨を止めることも叶わず
隠れ蓑にもなりゃしないだろう

困難、苦難の続く様を見つめる視線には
隠れ蓑は無意味だ
だが代わりに非難に直面もしよう

現実の痛みを実感し味わうそのためには
それは君と私の払うべき代償
それ以外どんな音響も目を開くことはできないし
映像も暗闇と暗黒に
実在を与えることはない

いかに過酷な1日であろうとも
気を抜く事は許されない
覗いた亀裂は塗り塞がれ
そして滴が濡れているうちは
またしてもそのぴかぴかが塗料を美化して
そして言葉無き世界に

そしてまたしても君は地獄の焦熱を味わう事になる

To Top

「木曜日の朝」
*Thursday Morning
木曜日の朝 別の夢の終り
昨日が遠ざかる
曖昧な記憶を残し
昨日は遠ざかる

木曜日の朝 太陽は早起き
木曜日の朝 木々は歌い
木曜日の朝が来る

木曜日の朝 7日前の日も
今日もまた同じ なにもかもが
夜明けの窓も 常に新鮮
今日もまた同じ なにもかもが

木曜日の朝 時間の感覚がなくなる
常緑の17歳
毎日が同じに韻を踏みたがるかのよう
常緑の17歳

木曜日の朝 太陽は早起き
木曜日の朝 木々は歌い
木曜日の朝が来る

木曜日の朝 別の夢の終り
常緑の17歳
曖昧な記憶を残し
昨日は遠ざかる

To Top

「ハウ・ドゥ・ゼイ・ノウ」
*How Do They Know
立ち止まって僕らはどこへ向かってるか聞いてごらん
人は口々に俺についてこいと言う
みんな一体どんな認識をしてるのかな

君らが1人について行ってつまずいて転んだら
先頭は何をしてるんだって声があがる
みんな一体どんな認識をしてるのかな
みんな一体どんな認識をしてるのかな

今や君は実感し始めている
先頭はしんがりにはなりえない
そんなにいそがないでくれよ
ほこりがその目を霞ませてるよ
ほこりがその目を霞ませてるから

ちょっと間を取ってしばらく座ってみてごらん
尚も楽隊は行進し続けている
みんな一体どんな認識をしてるのかな
みんな一体どんな認識をしてるのかな

今や君は実感し始めている
先頭はしんがりにはなりえない
そんなにいそがないでくれよ
ほこりがその目を霞ませてるよ
ほこりがその目を霞ませてるから

立ち止まって僕らはどこへ向かってるか聞いてごらん
人は口々に俺についてこいと言う
みんな一体どんな認識をしてるのかな

君らが1人について行ってきつまずいて転んだら
先頭は何をしてるんだって声があがる
みんな一体どんな認識をしてるのかな
みんな一体どんな認識をしてるのかな

To Top

「象の歌」
*Elephant Song
(この曲に関しては不確かな推定です)
「とてもとてもお見事」と観衆の中の男が言ったのは
象が跳んで輪をくぐり抜けた時
象はかがんでお辞儀をしながら
「誰も頼んだりしちゃいないよ」と叫んだ
「君はこんな芸を毎日見ていないんだろ
ワシはこりゃぁ結構だと思うよ」
「あんたに何がわかるっていうんだい」
象は言った「あんたは人で
それにしては太ってる人だけどね」

「とてもとてもお見事」と観衆の中の男が言ったのは
黄金の声を持つ女が現れた時
彼女は確かに黄金だったけど錆びてしまっていた
「ひげが生えているってのも情けない」との声に
「誰がそんな事を口にするの
恥かしくはないの」と女
・・・それは彼だった
「ワシとしては君の声がそこそこいけてると思うし
そのひげも山羊にならふさわしいと思うが」

「とてもとてもお見事と」観衆のさっきと同じ男が言った
象に太っている言われた男だった
「あいつは天邪鬼だね」誰かがそう言った
そして僕が両の目で見たのは
やあ、通路を鵞鳥歩きしているピーナツ娘だ
背中の革ベルトが最前列の方へ向いている 
「何かいかがでしょうか」と
彼女が男に言う
「4ペニーになります、6ペニーはお釣りね」

「とてもとてもお見事」と群衆の中の男が言ったのは
男の歯がピーナツ臭いのを僕が嗅いだ時
「君もいかがかね?」「はい頂きます」とは答えたが
人には皆好みの味というものがある
さてそこで、しかるべく後半が始まった
「熱くしてくれ、手に汗握らせてくれ」
すると大きい声がして「ワシはつま先だろうと暖かだぞ
羊皮の手袋もしているし」
ああ、僕達は芸人達に熱くなってるだけだっていうのに

To Top

「陽は輝いても」
*The Sun Is Shining
たとえ空には 陽は輝いても
私の心は 雨降りなのさ
どうか戻って きてほしい
お願いするよ 一からやり直そう
あなた故に 花は咲かず
あなた故に 雲は月を隠す
その日早かれと 待ち詫びてるよ
この梅雨空に 陽の差すその日を

たとえ空には 陽は輝いても
私の心は 雨降りなのさ
どうか戻って きてほしい
お願いするよ 一からやり直そう
聞きたいのは あなたの声
私一人と 語る優しき声
荒海より激しい この胸の内を
この切なさを あなたに聞かせたい

たとえ空には 陽は輝いても
私の心は 雨降りなのさ
どうか戻って きてほしい
お願いするよ 一からやり直そう

To Top

「組曲第1番」
*Suite No.1

エリュダイト・アイズ」
*Erudite Eyes
あなたは自分の意見のようにしゃべるけれど
あなたは何もそこに見ずに
ベッドの上の死骸を見ながらしゃべっているようなもの
その目に映っているのは死んだような思考

一方私は、なんていい日なんでしょうねって
それ以外言わない男も知っている
なんていい日でしょうねって言ってもいいですか
他に言うことがないもんでって

真の心の平安とは
あらゆるものへ注がれる眼差し
自分の心の中で見るもの
意識的に目で見るようなものでない

英知の眼差しのおかげで私はいつも泣かずに耐えられる
私は しょっぱい涙となって流れる雨にも耐られる
私は心のうちに平安を抱くから

真の心の平安とは
あらゆるものへ注がれる眼差し
自分の心の中で見るもの
意識的に目で見るようなものでない

To Top

曲の合間に挟み込まれ全体の枠組みとなる「ロドニー・トーディ物語」(LPのA面にあたる)、「ジャスト・ジョージ」(B面にあたる)は別扱いにしています。興味がある人はこちらのページを開けてみて下さい。

「シー・イズ・ローディド」(ボーナス・トラック)
*She Is Loaded
手に余る話が十指に余るほど
好きになるには十分な努力が要る

彼女のキッスはちっとも上手くならなくって
ただただべちょべちょ濡れるだけ
僕は彼女に出会った日を呪いたいよ
だけどこの娘は豊満さ、たまらんぜ

彼女いわく、僕にはマヌケの自覚があるはずで
彼女の食べ物をリノリウムのユカに落とそうものなら
僕をぶちのめし、犀のようにバカにするんだ
今やこの娘は放漫さ、まいったぜ

僕を満足させるだけ輝いていた時もあったよ
ああ、彼女も以前はおしとやかだった
以前は僕が求めるものを与えてくれたっけ
彼女がサッカーくじを当てるまでは
僕は今やこの娘という貧乏くじに当たった

僕は彼女を訴えたいよ、こんなドツボにはめようとしたのを
彼女はサディストだって、ほんとだぜ
彼女とキスするまで僕の鼻はまっすぐだった
今やこの娘は金満家、ためてるぜ

僕を満足させるだけ輝いていた時もあったよ
ああ、彼女も以前はおしとやかだった
以前は僕が求めるものを与えてくれたっけ
彼女がサッカーくじを当てるまでは
僕は今や彼女という貧乏くじに当たった

彼女のキッスはちっとも上手くならなくって
ただただべちょべちょ濡れるだけ
僕は彼女に出会った日を呪いたいよ
なにせこの娘は金満家、まいったぜ

To Top

パッセージ・オブ・タイム」(ザ・ブロンデスベリー・テイプス)
*Passage Of Time
時の廊下のその先が
私たちの時の玄関のその奥が
できるのかしら、私には見られるかしら
できるかしら、私は見られるかしら

かいま見える時の廊下のその先を
心の廊下の
心の廊下の

探しましょう、一緒に探しましょう
人生をゆっくり一緒に歩んで行きましょう
そうすれば私たちには見つかるの
誠実さと心の純真が

心の廊下のその奥が
私たちの心の歴史のその先が
できますとも、私には見られるの
できるのよ、私は見られるの

私たちは心の廊下へ飛んでいける
私たちは心の廊下へ飛んでいける

To Top

マーダー(殺人)」(ザ・ブロンデスベリー・テイプス)
*Murder
殺人が、殺人が、殺人が、殺人が
殺人、殺人、殺人、殺人

留め金をもう一つ
固く封じる棺の蓋
ここにファーギン・ハッド眠る
薄情な冷血漢が彼を撃った
ここにファーギン・ハッド眠る

彼は蝙蝠以上に盲目
犯人が知ってたのは明白
白杖が流血で赤いのを見たか
誰がファーギン・ハッドを殺したか

殺人の、殺人の、殺人の、殺人の
殺人、殺人、殺人、殺人


Giles,Giles&Frippの「メイク・イト・トゥディ」はシンフィールドのページで紹介中。
「アンダー・ザ・スカイ」はスティルのページで紹介中。

To Top

Last Update 2015.10. 11by K.T.

*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗