デビッド・ボウイ (ベルリン3部作以外)  Last Update 2016.6.26 by K.T.
「アイ・キャンツ・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」 NEW!
*I Can't Give Everything Away
何か違っていた 俺は結局そう思う
脈拍が呼び起こす 放蕩息子
心拍停止で 弔花の記事
そこに髑髏のデザイン 俺の靴先の

俺は全能じゃない
何も与えられなかった
結局全てを伝えるなんて
出来っこなかった

見ようとすれば感じられなくなり
拒もうとすれば受け容れることになる
これって俺のやろうとしたことの全て
これが俺の送ってきたメッセージ

俺は全能じゃない
何も与えられなかった
結局全てを与えるなんて
出来っこなかった

俺は全能じゃない
何も与えられなかった
結局全てを与えるなんて
出来っこなかった

ボウイが全編死を意識して作ったアルバム★の最後の曲。自身の生涯を振り返ってないわけがない。
これは巷間言われているような、全てを肯定する歌でも我々への許しの歌でもなく、もっと自分自身に向けた私的な歌じゃないのか。この曲から読み取れるのは人生への諦観。結局は中途半端にしか、なるようにしかならなかった、今更じたばたする事もないという、さばさばした諦めだ。ロックスターとして歌ってきたが、どこまでの事ができたか、正しく伝えられたか。他人へ向けて言い残すのではなく、ボウイは私的に自らの生涯を総括して死のうとしている。
冒頭部分が鍵。”something is very wrong”の箇所は、世の中間違っていると言っているのではない。死に臨んで今更世の中の事を言うでもない。ここは自分の生涯が駄目だったと振り返っているのだ。そしてこれでまず詞の大意が示される。
“returns prodigal sons”は放蕩息子が許される話を指す。これが何かの喩えであるなら、ボウイ自身の事でなくて何であろう。浮かれて歌ってきた自分を許そうという意味だ。
“pulse"は脈拍だろう。それは3行目が自身の死、心臓の停止を言っているのが明白であり、それの対比でpulseの語を採用しているのだ。
3,4行目は死出の旅路を歩みだすボウイの事を言っている。だから靴先に髑髏。
後は読んだ通り、最後は喩えたりもせず、死に臨んで単純に述べるだけ。最後はただの人として、自分を素直に認めるだけ。”away”の語が利いている。もう自分の関知しないところと突き放しているニュアンス。
そうして、覚悟して、ボウイは人生を閉じる。思えば自身と虚像との差を巡る話は彼の生涯を通じての主題の一つだった。16.6.26

To Top

「ラザロ」 NEW!
*Lazarus
見上げてごらん 僕は天国にいる
僕は誰にも見えない傷を負ってしまった
僕は誰にも盗めないドラマを秘めている
誰もが僕の事を知っているのに

見上げてごらん 僕は危機にひんしている
失くして惜しいようなものは何もない
気分上々頭も良く廻る
携帯を落としてしまったけど
まったくもって僕らしいや

それはニューヨークに来た頃さ
まるで王様みたいに暮らしてた
あげく有り金すべて使い果たし
君のケツを追っかけたりして

他にやり方はなかったろう
そう僕は自由になる
あの青い鳥のように
まったくもって僕らしいや

ああ僕は自由になる
あの青い鳥のように
ああついに自由になる
まったくもって僕らしいや
まったくもって僕らしいじゃないか

16年1月10日ボウイが死んだ。遺作「★(ブラックスター)」を8日の69歳の誕生日に発売したばかり。その中でも遺言と言われているのがラザロ。
この曲は「地球に堕ちてきた男」の後日譚のミュージカルに使われたもの。主人公が結局使命から自由に解放されると言うか、あきらめると言うか、肩の荷を降ろすと言うのか、そんな話と、ボウイ自身のスターとしての生涯から解放される話が重なっているのは言うまでもない。解放されて新たに復活するのだ。
ラザロとはキリストにより復活するラザロである。ラザルスと表記するむきもあるようだが、訳には定訳というものがある。Lazarusはラザロである。そうでないとキリストによる復活の意味が伝わらない。16.2.6

To Top

「アップ・ザ・ヒル・バックワーズ」
*Up The Hill Backwards
自由を得ても 空しくなるだけ
可能性はあっても 売りに出されたらしい
一人がそれを掌握し
君らに預かり知れぬ事となる
一人がそれを制御し
君らは預かり知らぬ事となる

震撼の連続 臆病者は破滅し
大地の回転 証言者は転落する
一人がそれを掌握し
君らに預かり知れぬ事となる
一人がそれを制御し
君らは預かり知らぬ事となる
そうそうそうそーう後ろへ向かいよじ登る
こいつは超超超 超順調

僕らの眠る時 奴らが動き出す
僕らは法的にも無力 愛情の絶える時
一人がそれを掌握し
君らに預かり知れぬ事となる
一人がそれを制御し
君らは預かり知らぬ事となる

過大な崇拝物 この現実に対し
自分さえ良ければ 他人は適当
一人がそれを掌握し
君らは預かり知らぬ事となる
一人がそれを制御し
君らにゃ預かり知れぬ事となる
そうそうそうそーう後ろへ向かいよじ登る
こいつは超超超 超順調

是非「スケアリー・モンスターズ」の詞も参照して欲しい。ボウイが日本語の詞を用意しているため、「スケアリー・モンスターズ」については内容の誤解はないだろう。「アップ・ザ・ヒル・バックワーズ」もそんな歌に続け歌われ、本来私の訳のように社会派の辛口の歌の筈。それがボウイの本質。
If one can grasp it It's got nothing to do with youの箇所は、私は「 預かり知ら(れ)ぬ事となる」とに訳してみた。本当に恐ろしいが、今この現実がまさにそう。
しかし、ライナー訳ではおちゃらけた訳となっていて、どうも誤解を広めているようで困ったものだ。
アルバムにはR.フリップが全面参加。この曲でも、エンディング部分で彼特有のディストーションギターが聴ける。

To Top

ホエア・アー・ウイ・ナウ
*Where Are We Now
乗るべきだったろう 僕は
ボツダム広場からの列車に
君は思いもよらなかったろう
そうできたのに 僕が
死霊のようにさまよっているとは

ニュルンベルグ通りの
ジャングルに座り込み
時の狭間 カーデーベー界隈 僕は
死霊のようにさまよう男

今僕らは一体どこにいる
今僕らは一体どこにいる
君も共にするこの時に
君も 君もね

2万人もの人々が
邪悪の橋を渡る
万が一のために
指で十字を切って 皆
死霊のようにさまよっている

今僕らは一体どこにいる
今僕らは一体どこにいる
君も共にするこの時に
君も 君もね

陽の照る限り
陽の照る限り
雨の降る限り
雨の降る限り
火の燃える限り
火の燃える限り
ここに僕のいる限り
ここに君がいる限り

アルバム「ネクスト・デイ」発売前にシングルとしてリリースされた曲。私見ではあるが、アルバムの中でも傑出した曲だろう。
訳詞も私見を加え老婆心での意訳だ。
内容を分かりやすくスタンザに分けて表記し、主語を補い、僕らは“どこ”にいるのだろうかという問いに、最後には答えまで示してしまった。
ボウイは最後のスタンザで追憶を肯定している。今この瞬間と言いながら、これが永続するかのように言う。乗り遅れた瞬間から時は止まり、あるのは追憶。過去であり今であり“ここ”でありそれでいいのだ。老いへ向かっているって?いや、かつての日々をさまようのみ。
You knowには君も知るという意味もあるかもしれぬが、共感を求めているYou Knowだろう。だから最後の2行に“ここ”と記した。君もここの人。
ビデオクリップの情景のようにあたかも思い出の品々の一つのよう男と女が置かれている。
ベルリンの地名や施設名の解説はライナーノーツや他のサイトに譲る。

To Top

ヒート
*Heat
岩間に囚われ
滝の流れに抗う
ミシマの犬を見た
瓦礫の歌
世界は終末に向かい
夜が常に支配する
雪寒の中の孔雀

僕は自分に問いかける
僕とはいったい何者なのか
自分に問いかける
僕とはいったい何者なのか
この牢獄は父の支配する
父が支配する牢獄

僕は君への愛を貫くのみ
父への憎しみゆえに
だがそれも事実と違う
言葉は大仰になる
父は信じていた
愛とは窃盗行為
愛と淫売
愛の窃盗を

僕は自分に問いかける
僕とはいったい何者なのか
自分に問いかける
僕とはいったい何者なのか
この牢獄は父の支配する
父が支配する牢獄

しかし僕は見者になろう
僕は虚言者になろう
僕は見者
そして僕は虚言者
この牢獄は父の支配する
父が支配する牢獄であっても

ボウイ復活の13年新作「ネクスト・デイ」から訳す。アルバムの中でひときわ陰鬱で異質な曲。それがアルバム本編最後のこの曲だ。
国内ライナーの対訳には三島由紀夫の「牝犬」と「孔雀」を戯曲だと注釈しているが、これは間違い。正しくは短編小説。むしろ滝に挟まる犬なら「春の雪」か。
ただそれ以上に関連を述べなければいけないのが“見者”の語、これはランボーのseer letter=見者の手紙だ。”詩人(虚言者)はあらゆる感覚を長い間、途方もないほど、…錯乱させることによって、自らを見者と化する…偉大な病人に、偉大な罪人に、偉大な呪われ人になる”
私はseerの語にボウイの決意を読む。“僕は虚言者になろう”の部分は意訳だ。元の詞に“なろう”とはないが、そこがまさに私なりの解釈提示なのだ。
ここでのWho am Iの問いは、下記「スロー・バーン」のbut who are weとそのまま同じ問いである。

To Top

「スロー・バーン」 
*Slow Burn
このひどい街で生きろというのか
心の価値も拳のように固く握りつぶされる街
壁には監視の目
扉には聞き耳
僕らにできるのは目の届かぬ闇で踊ること
いいように命を弄ばれたまま
まるで苛立ちの燠火に
突き動かされるように
まるで苛立ちの燠火に
振り回されるように
しかし僕らは何者だというのか
こんな時代のとるに足らない存在か
苛立ちの燠火
苛立ちの燠火

ここ毎日は最高に異常な日々
ここ連夜は底なしに暗い闇
誰も気づきやしないさ
貧民窟に響く声
誰も知ろうとはしないさ
時代に取り残された人々を
まるで苛立ちの燠火に
突き動かされるよう
まるで苛立ちの燠火に
むちゃくちゃ翻弄されるかのよう
頭上を覆う恐怖の真下で
足下に広がる恐怖の只中
苛立ちの燠火
苛立ちの燠火

まるで苛立ちの燠火に
突き動かされるよう
まるで苛立ちの燠火に
むちゃくちゃ翻弄されるかのよう
こんな中に僕らは生きる
ここはまさにまっ只中だ
苛立ちの燠火
苛立ちの燠火

02年の「ヒーザン」からのシングルカット曲。ピート・タウンゼントのギターが最高。
国内盤対訳は"Slow Burn"を「ゆっくり燃える炎」と訳しているのがそもそも良くない。この語はじりじりこみ上げる怒り、抱え込んだ苛立ちの意味。それをふまえないとダメ。
国内盤対訳はそのうえ「ゆっくり燃える炎」を社会の象徴のように解釈して、炎が僕らを管理し、僕らを焼いていくかのように訳しているが、これも間違い。Slow Burnは、抑圧され、抱え込み、決して消えることのない、表だって炎を上げることも許されない怒り。だから、Slow Burnは僕らの胸中にあるのだ。もう自分ではどうしようもない位の苛立ちの歌。
私はこの語をどう訳そうか悩んだが、ここは詩らしく「苛立ちの燠火」としてみた。
この曲はボウイの繰り返し表明しているテーマ、我々もそこに住み、知らぬ間に管理される現代社会への警鐘ではあるが、末尾の"And here are we At the centre of it all"に、果たして希望を読むか、絶望を読むかが各人に委ねられている箇所だと思い、あえて私は「生きる」の語を用いた。

To Top

ジャンプ・ゼイ・セイ」 NEW!
*Jump They Say
震えている男
その目に国家を映しながら
鮮血と燃える刺青とで線を引く
聖堂の尖塔に一条の軌跡

世間は言う
奴はいかれている
世間は言う
機微を解せない
世間は言う
奴は復活者
世間は言う
奴が昇ってくのを見ろよ
世間は言う 飛べ
飛ぶんだと

世間は言う
奴は二つの神を持っている
世間は言う
奴には恐怖心がない
世間は言う
奴には目がない
世間は言う
口もないと

世間は言う 実にたいしたもんだ
世間は奴の時代が来るだろうと持ち上げる
俺は言う ケツに気をつけろ
友よ 世間に耳を貸すな
世間は言う 飛ぶんだと

気をつけるんだ

誰かを信じることだ

自分で信じること

世間は言う 飛ぶんだと

「ラズロ」のプロモーションビデオを見て思った。目隠ししてベッドに横たわり、落下したりって、何かあったよな。思い出したのがこの曲。ボウイがティン・マシーンを封印し、以降ソロ活動に専念する「ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ」からの第一弾シングル。
内容は、精神病院を抜け出して鉄道自殺を遂げた異母兄弟と、無責任な世間の事を歌ったものだと言う。そこにはスターに対する世間の態度というのも当然重ね合わされている。そして当時のボウイの心情も当然織り込まれている。
飛んでみろというひやかし、世間に踊らされ、様々に言われ、挙句過去からの遁走。そんな関係に終止符を打ち、彼はここから改めて生身の一個人のボウイとしての音楽の深化を追求しだすのだ。
Theyの訳語に世間を当てたのがミソというか、老婆心というか・・・。16.3.12

To Top

ダイヤモンドの犬達」 NEW!
*Diamond Dogs
これはロックンロールじゃない 大量虐殺だ!

奴らによって酸素吸入テントから引きずり出されると
君はすぐさまパーティーに行こうとする
シリコンの瘤と10インチの義足を纏い
君は司祭みたいにおめかしだ
まるでトッド・ブラウニングのフリークス
君は手と膝で路地を四つん這いで歩む
君が良いカモなのは間違いない 一目で分かる
ダイヤモンドの犬達は密猟者 木陰にひそんで狙っている
奴らは君を狩って倒すだろう 殺しの魅力のマネキン達

(襲って来るの)
僕が友達をなだめるよ
(襲ってくるの)
ねえ君 僕の所へおいで
(襲ってくるの)
彼女も来てたけど もう行っちゃったよ
お庭から外に出て来なよ
ぼんやりしているうちに 君は死んじまうから
嬢ちゃん 奴らはダイヤモンドの犬と呼ばれているのさ
そうとも 奴らがダイヤモンドの犬

ハロウィン・ジャックは最高イカレた伊達男
マッハッタン・チェイスの最上階に住んでいる
エレベータが壊れたからって 奴はロープで滑り降りる
眼下の路上まで 行け行け、ターザン野郎
廃墟の街へ向かう彼と 連れのあばずれに会ってみな 
彼女の顔には目鼻がない だけどダリのブローチを着けていて
母親の焼くパンみたいな 甘い追憶を催させる
打ちのめされ 痺れちまって ダイヤモンドの犬達も固まっちまう

(襲って来るの)
僕が友達をなだめるよ
(襲ってくるの)
ねえ君 僕のところへおいで
(襲ってくるの)
彼女も来てたけど もう行っちゃったよ
お庭から外に出て来なよ
ぼんやりしているうちに 君は死んじまうから
嬢ちゃん 奴らはダイヤモンドの犬と呼ばれているのさ
そうとも 奴らがダイヤモンドの犬
ウォホォオ ダイヤモンドの犬というのさ
ウォオォオ それがダイヤモンドの犬さ

この屍肉喰いの年 雌犬の季節に
ドブ板カツカツ闊歩し ドブん中へ滑落
これはまた別の未来を歌う歌 寂しくもちょっとキッチュ
(後悔するにしても)歌ってみて あとは明日を寝て待つか

(襲って来るの)
僕が友達をなだめるよ
(襲ってくるの)
ねえ君 僕のところへおいで
(襲ってくるの)
彼女も来てたけど もう行っちゃったよ
お庭から外に出て来なよ
ぼんやりしているうちに 君は死んじまうから
嬢ちゃん 奴らはダイヤモンドの犬と呼ばれているのさ
そうとも 奴らがダイヤモンドの犬
ウォホォオ ダイヤモンドの犬というのさ
ウォオォオ それがダイヤモンドの犬さ

ワンワン ウオウオ ワンワンワウ
ダイヤモンドの犬と呼べ
ダイヤモンドの犬を呼べ
犬、犬、犬、犬、犬だらけ
ダイヤモンドの犬と呼べ 奴ら、奴らが
ダイヤモンドの犬を呼べ 奴ら、奴らが ウォオ
ダイヤモンドの犬を呼べ

クールにきめろ
OK ダイヤモンドの犬達は我が物顔
ヘイヘイ ヘイヘイ
ダイヤモンドの犬達にご用心
ダイヤモンドの犬達にご用心


過渡作的な評価のダイヤモンドの犬だけど、ジギー以降次を模索する実験的な内容。オーウェルの1984を元にしたディストピアの変奏としてのダイヤモンドの犬。詞にはカットアップ手法(ウィリアム・バロウスの)を取り入れていると言うのも実験の一環。
だけど詞はそれ程支離滅裂でもなく意味が通っているけどね。
私はディストピアを強調するために訳詞を敢えてどぎつくした。sans featureを普通なら没個性と訳す所を、目鼻がないと奇怪な訳にしたり。16.2.6

To Top

チェンジズ
*Changes 
待ち望む物が何だったかなど知ったことじゃない
時間は疾走し続けるのみ
無数の行き止まり
上手くやりおおせたと思ったたびに
そう甘い筈ないといつも思う
だから自分に立ち戻る
僕は決して感じたりはしない
他人がいかさま師をいぶかるような視線など
詮索されようにも僕は素早すぎる

か、か、か、変わるんだ!(血筋に立ち向かえ)
変わり続けるんだ
金持ちになんかなりたくもない
か、か、か、変わるんだ!(血筋に立ち向かえ)
変わり続けるんだ
別の人間に変わるべきなのさ
時間で僕は変わる
時流にあわせたりはできない

僕の見るさざ波は形を変え続けているのに
まるで穏やかに移ろう水流から
のがれえないかのようだ
そして日々は目の前を行き過ぎるのに
いまだ同じようにしか見えない
お前らの馬鹿にしている若者達が
この世界を変えようとする時が来て
なだめすかしたって無駄
若者達は自分のやろうとしてる事を充分自覚してる

か、か、か、変わるんだ!(血筋に立ち向かえ)
変わり続けるんだ
大人になれとか卒業しろとか言うな
か、か、か、変わるんだ!(血筋に立ち向かえ)
お前らこそ見苦しいぞ
お前らは僕らを縛るだけだ
時間で僕は変わる
お前らは時流にあわせることもできまい

奇妙な魅力が僕をとりこにする
僕の経験の速度で変化が進んでいく

か、か、か、変わるんだ!(血筋に立ち向かえ)
変わり続けるんだ
ロックンローラー諸君よ気をつけろ
か、か、か、変わるんだ!(血筋に立ち向かえ)
変わり続けるんだ
じきに諸君も歳をとる
時間で僕が変わるんだと言ったろ
時流にあわせたりはしない
時間で僕が変わる
時流にあわせたりはできない

ピカソのように変貌を遂げ続けるボウイ自身のマニフェスト。「ハンキー・ドリー」の冒頭曲。
括弧の部分の元詞は、は訳詩集「スピード・オブ・ライフ」の古川説の通りturn and face the strain説を採用した。strangeでは不自然。
私は古川訳よりも(ライナーの)北沢訳よりも、具体的に分かり易い事を心がけた。たとえばtheyとかyouとかが何なのかを意識して訳した。
それとやっぱりドモるところがこの曲のカッコイイ所、訳詞でもドモりたかったんだよなあ。

To Top

ロックンロールの自殺者
*Rock'n' Roll Suicide
時間は煙草を点け 君に咥えさせる
君は指を手繰り 次から次 そしてまた煙草を
壁の端から端 皆のあげる歓声 そして残響が
あげく 君は忘れてしまう
君はロックンロールの自殺者

失うにはもう老いすぎ 決めるには若すぎる
時計は根気よく 君の歌につきあってきたが
君はカフェの前を通りかかっても もう何も食べようとしない
あまりにも 君は生きながらえすぎたのだ
君はロックンロールの自殺者

シボレーのけたたましい急ブレーキの音
君がよろけて通りを渡ろうとしたからだ
おかまいなしに夜は明けゆく 君が家路を急ぐ頃
君の影を朝日に霞ませてしまうんじゃない
牛乳配達の事など気にするんじゃない
それはありふれた情景だが
ある意味宗教的なまでに過酷

ああ違うさ 愛しい君!
君は独りきりじゃない
意識過剰のあげくに 君は思い違いをしていて
まるで頭が混乱している
だけど僕がせめてもできるならば
違うんだ 愛しい君!
君は独りきりじゃない

君が何であれ 誰であったにしろ
君が何時であれ 何処にいたにしても
ナイフがことごとく容赦なく君の脳髄を切り裂くかのようだが
僕もそうやって味わってきたから 苦痛のしのぎかたを伝えたい

独りじゃない 一緒に酔いしれて
独りじゃないよ 酔いしれてしまえ
独りじゃないさ その手を差しのべてくれ
素晴らしいよ その手を僕に差しのべてくれ
素晴らしいから その手をこの僕に差しのべてくれ

夜は明けているのにだらだらと続けるしかない宴、あげく白々とした朝日に自己嫌悪に陥った経験のない人はいまい。祭りの終わりの象徴的光景。
ロックの巨大化、虚像化が露わになった時代、虚像を演じるという強迫観念に消耗しきったスターや、ファンのロックへの失望、学生運動の挫折の時代の、疲れ切った全ての"君“へ向けて、ボウイは共感を歌う。
D.ボウイ初期の重要作である。この曲に思い入れのある人も大勢いるようで、巷には意訳、直着、誤訳が溢れている。果たしてこの訳詞で皆のお眼鏡に叶うかな?
意あまり、少々意訳ぎみなのはご勘弁を。

To Top

ガンマン」
*Gunman
90年のブリューのソロ、「ヤング・ライオンズ」収録作。ブリューとボウイの共作曲がブリューのページに掲載中。そちらも是非見てください。

キング・クリムゾンと関連の深い、いわゆるベルリン3部作の収録曲は別のページにまとめて収録しています。あわせてご覧下さい。

To Top

Bowieのベルリン3部作収録曲のページへ
関連アーチスト作品INDEXへ

*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗