ハッピーウィズホァットユーハヴトゥビハッピーウィズ 和訳へ
英詞他情報 
「ハッピー・ウィズ・ホァット・ユー・ハヴ・トゥ・ビ・ハッピー・ウィズ」
これがアルバムタイトル曲です。つまりアルバム代表曲、メインの曲と言っていいでしょう。あくまでも本来はこれがアルバムタイトルです。shoganaiがアルバムタイトルであるかのように仕立てられているのは日本だけです。
曲名が黒文字で印刷されたものがまともな曲。グレーの文字で印刷された曲が添え物と、明確に判るデザインはそのままです。それでいてタイトル名や絵柄だけ変えたのではチグハグではないのかなぁ。
と、いう観点からこのサイトではまともな曲(+シークレット・トラック)のみ詞を訳します。それ以外の添え物については別ページを参照の事。

この曲はアルバム「パワー・トゥ・ビリーヴ」にも収録されていますが、比べると構成が異なっています。セカンドヴァースに入る前にHappy with what you・・・のコーラス部がきっちり歌われており、その前のwrite a chorus,have a chorusのフレーズは(詞の順序を入れ替えて)2回繰り返されています。それがわかるように、国内版ライナーのように詞を簡略化せず、実際に歌われているママに和訳しています。
尚、blue in the faceとは「徹底的に」の意。血の気が失せるニュアンスを残すために、「卒倒するまで」と訳してみた。コーラス部の訳については、最初は「吾唯知足」というふうに訳そうとしたけれど、それじゃあまりに意訳だと思い、取りやめ。呪文のようなニュアンスを出すためカタカナ表記にした。
尚、このHappy with what・・・のコーラス部の歌詞は、元々曲に合わせた語呂合わせで仮歌として作られた物だそうで、その程度の物。即ちこの部分がショーガナイという諦念を表す主題を歌っているという説はこじつけだろう。

To Top

「アイズ・ワイド・オープン」
情報・機会を取り逃がさないように必死の現代人を描いたもの。そこを理解して訳していないのが国内版のライナー対訳の問題点。
色々あるけど一例を挙げると「すぐに飛んできて君は何をした?」ではない。飛ぶのは「好機」の筈。一瞬の好機を取り逃がしたんじゃないかって悔やむ意味が正しいと思う。
この曲もアルバム「パワー・トゥ・ビリーヴ」に再録されるのだけど、やはり歌詞は両者間で異なる。アルバム「パワー・トゥ・ビリーヴ」の方ではknock on the doorの前にもHere it comesの詞があるのに対し、ここでは省略されている。また、こちらではbusy paradeとなっている詞の部分が、あちらではanother dayになっている。細かい話ではI've got my eyes wide openのコーラス部にall the timeがつくとかつかないとか、このへんもその違いに合わせて厳密に全ての箇所で訳を変えてある。
蛇足ながら言い訳。color displayの箇所は、モニター画面で色チェックをするんだろうけど、一言で言い表せないので、「色見本」と訳した。(カラーチャート紙を見るんじゃないのは承知の上で)

To Top

「ポテト・パイ」
国内版ライナー対訳は、「目を覚まして歌い出す日もある」って、のっけから高血圧なハッピーな展開だ。以下が不幸を歌った詞なのにここだけ幸福では矛盾する。寝ないで(仕事で)歌っていると取るべき。
また最初にwake up singing、 wake up tiredとあるのに、後半をどうしてwake up madと取らないのかなぁ、狂ったようにして起きていると取るのが正しい筈。ここだけ「目を覚ます日さえある」とライナーでは訳しているけど、実に意味のない訳である。毎日目は覚めるものだ。wake up madではじめて意味を成す詞なのに。
尚、"I say potato You say pie"とはガーシュウィン兄弟によるジャズ歌曲、「Let's Call the Whole Thing Off"(もうやめましょう)」の詞、"I say potato You say potahto"が元になっている。方言によって言い方は千差万別だけど、それはどうでもいいこと、というニュアンス。ここから取ったいわば本歌取り。

To Top

「アインシュタインズ・レラティヴズ」(シークレット・トラック)
ブリューの言葉遊びが面白さのポイント。relativesは「相対性理論」と「親戚」をかけている。一般性理論に対する身びいき理論というダブルミーニング。
relativelyってのは「比較的」であり、「相対論的には」であり、「親戚的には」でもある。
positiveというのは相対性理論が正しいと言うのと、積極的賛成だってのをかけてる。
universal theolyは宇宙論であり、(特殊相対性理論に対する)一般性相対性理論であり、身内以外にも通用する理論の意味でもある。
cousinというのも単にいとこではなく、親戚一般の意味もある。
これらを踏まえて意図的にダブらせたニュアンスのそれらしい訳にするには苦労させられた。


★その他の俳句風の曲などについてはこちらを参照の事。

To Top

Back    Next Last Update 11.7.22 by K.T.