その他関連作       Last Update 2017.4.22 by K.T.
「冷たいお前(コールド・アズ・アイス)」 by M.ジョーンズ&L.グラム
*Cold As Ice
お前は冷たい氷の心
この愛を犠牲にする気さ
お前は聞く耳貸さぬが
報いがきっと来る 分かっているさ

かねてから感じていた 必ず起きる事と
心の扉をきつく閉ざし 世界を切り捨てる
お前は金塊を掘ったのに じきに捨てきる
気ままな運頼み いつか報いが来る

お前は冷たい氷の心
この愛を犠牲にする気さ
楽園ばかり追い駆けても
報いがきっと来る 分かっているさ

かねてから感じていた 必ず起きる事と
心の扉をきつく閉ざし 世界を切り捨てる
お前は金塊を掘ったのに じきに捨てきる
気ままな運頼み いつか報いが来る

氷の 氷のごとき冷たさ
お前自身も気づいているのさ
氷の 氷の危険な冷たさ
僕にとって 氷のごとき女さ
そうさ 分かっているさ
氷の 氷のごとき冷たさ


Foreignerはスプーキー・トゥース後期メンバーのミック・ジョーンズと、クリムゾン初期メンバーのイアン・マクドナルドが中心になり76年に結成された。この曲は77年のデビューアルバムからのセカンド・シングル。
氷の冷たさと緊張感を現すべくKの音、Iの音を多用した。(“君”の語を使いたかったが、ただ、それだと“冷たいお前”のイメージが優しくなってしまうので断念、逆に“僕”は使用。“危険な”とか“心”の語は音韻面から意訳で追加)
digging for goldのgoldには”俺のようないい男と出会ったのに“という悔しさが託されている。throw away には散財、金をどぶに捨てるというニュアンスもあり、次のa fortune も(a が付くと)財産、思わぬ大金というニュアンスがある…とは思いつつ、結局、Kの音を多用しつつ“お前”の性格を前面に出す、上記のような訳とした。もとの詞はこちら

To Top

「ベイビー・スネイクス(子蛇ちゃん)」 by F.ザッパ
*Baby Snakes
子蛇ちゃん
現れ出るのは夜も更けて
子蛇ちゃん
何を僕が言っているか分かるよね
ピンクでしっとり
最高のペットの類
かわいい かわいい子蛇ちゃん

ちゃんすを伺えば
僕のすぐそこにカップルが
子蛇ちゃん
きっと僕の事聞き入れてくれるよね
ピンピンピンクでしっとり
最高に頑張りたい
かわいい かわいい
こっこっこっこ 子蛇ちゃん イェー

家は穴の中
(狭い穴)
普段は中は空家さ
(普段は空いててなお狭い)
しきたり通りに生きている
(ているている)
たいていはSMPTEだけど
その意味はっちゅうと
業界(Society)の、映画(Motion Picture)テレビ(Television Eengineers)屋達の略
たぶんそういうわけで
互いにノリで調子を合わせているよ
そりゃあしっとり そりゃあピンク
一杯奢ってやりたいね
お酒を一杯振舞おう

こっこっこっこ 子蛇ちゃん

2013年の年頭にあたり、蛇年にちなんで何か訳そうと思った。まず思ったのが「雲雀の中の毒蛇」だが、歌詞つきじゃないしね。そこでZappaのこの曲(79年のシーク・ヤブーチ収録作)、エイドリアン・ブリューがギター、テリー・ボジオがドラムで参加しているという事で、まあ、クリムゾンがらみとも言えるか。
F.ザッパの詞は曲同様にハチャメチャで、前衛的で、卑猥で、意味を拒絶する。ブリューD.バーンもやはりアメリカ人でザッパの影響を受けてる。
くだらないというか、(お酒も入って新年で)お目出度いというか・・・。

To Top

ザ・パワー・オブ・ザ・ハート」 by ルー・リード
*The Power Of The Heart
君と僕とはいつだって ぎくしゃく意識しあって
君が求めるのは太陽 僕は雨
二人は異なる人間で お互いに似ても似つかない
太陽の強さ
僕が梢を見れば 君はポール
波が水面(みなも)で 行き来を繰り返す
僕は世界中を飛んで 君を連れ返す
それって心の強さ
世界中を飛んで 君を連れ返すんだ
心の強さで

君が僕を見れば 僕は君を見る
眠っていた心が 光を通じあって
あるかないかの靄を 二人呼吸しあう
心の強さ
僕が君を見れば 君は僕を見る
僕は過去を振り返り 君は何ができるかを考える
僕は君に幾度も 結婚しないか聞いてきた
それって心の強さ
世界中を飛んで 君を連れ返す
心の強さで

愛は世界を回すと 誰もが言う
僕は血の沸き立つ音を聞き 心の音を聞く
心の臓が強く鳴るのを聞き 振り返る
戸口に立っている君を 僕は見つける
君は僕を知っている 僕が夢見る質(たち)なのを
あれこれとりとめもなく 何だろうかって
そして最後に僕が気付いたもの それが何であるかを
それって心の強さ
心の強さで
世界中を飛んで 君を連れ返す
心の強さ

君と僕とはいつだって ぎくしゃく意識しあって
いつだって同じ結末だった
君は二人がある種ゲームをしてると思ってただろうが
心の強さ
心の強さだ

僕は自分を馬鹿だと思い 君は自分を利口だと思う
純粋な心の臓の鼓動
僕は君にこう言うけど 決して冗談なんかじゃない
今すぐに僕と結婚して欲しい
君は僕を知っている 僕が夢見る質(たち)なのを
あれこれとりとめもなく
だけどもっぱら僕は君の事を多く夢みている
それこそ心の強さ
心の強さで
世界中を飛んで君を連れ返す
心の強さ
心の強さ

ピーター・ガブリエルが、10年のカバー・アルバム、「スクラッチ・マイ・バック」でこの曲を取り上げている。D.ボウイやレディオ・ヘッドの曲もいいけれど、なかでもルー・リード作のこの曲がぐっとくる。ただもうpower of heartという単純な言葉の力に尽きるが、このキーワードをどう訳すかで迷った。”ハートの力“とか、”気持の力“とか考えたが、迷った末の"心の強さ”も、こめられているニュアンスは表わしきれていないと思う。

To Top

「キャン・ウィ・スティル・ビ・フレンズ友達でいさせて)」 by.トッド・ラングレン
*Can We Still Be Friends
僕等はもうこのゲームを続けられないけど
まだ友達でいられるかい
前みたいに上手くはいかなくなったけど
まだ友達でいられるかい

僕等は何かを学んで
そろそろ舵を切る時が来たようだ
砂が一粒づつ落ちて行くように
遂には終わりだと君が知る前に

僕等に過ちがあったのは認めるけど
まだ友達でいられるかい
失恋はた易く受け容れられるものじゃないけど
まだ友達でいられるかい

奇妙と言うべきか哀しいというべきか
二人とももう気にしてないみたいだったりする
傷付いた気持ちを引きずってもしょうがない
僕等は最悪の時は抜け出したんだね

ラーララ ラララ

まだ友達でいさせて
また時々あえるかい

ラーララ ラララ

僕等は夢から醒めたのさ
物事はいつも見えている通りとは限らないけど
想い出だけはずっとそのまま
まるで甘く切ない昔の歌みたい

キング・クリムゾン和訳集であれば、キング・クリムゾンがらみの詞を訳すべきと思う。そうしてきたけれど、まあ、いいか。友達の友達は友達式にこじつければクリムゾンとの因縁も語れるが、早い話トッド・ラングレンも好きなのだからいいじゃない。アメリカのソウル・ポップマニアの親爺ではあるが、ベアズヴィル時代は結構プログレだったよな。
「友達でいさせて」という邦題を活かして歌詞に織り込んでいる。元の歌詞は例によって歌詞歌詞検索サイトで各人確認する事。

To Top

ラスト・ライド」 by.トッド・ラングレン
*Last Ride
これが最後のドライブ
僕等のささやかなゲームも終わる時
これが最後のドライブ
君を家に送る時が来た
今更涙も出やしない 結末はわかっていたから
飛ばしてもしょうがない ゆっくりと走ろう

これは危険なドライブ
君の家に着くのが恐ろしい
だが僕は生き続けねばならない
生きる方がまだしも賢明だろう
僕は思いあがっていた 全てを理解でき
成し遂げ 全ては上手くいくのだと
だが僕は一番愛が必要な時に顔をそむけてしまった

これが最後のドライブ
僕等のささやかなゲームも終わる時
これが最後のドライブ
君を家に送る時が来た
今更涙も出やしない 結末はわかっていたから
飛ばしてもしょうがない ゆっくりと走ろう

道はまがりくねりながら
街を抜けて行く
憂鬱な雨が滴り落ちて来て
路面を光らせる
東には地平線 西には山の稜線
月と太陽とそれ以外のすべて
いじらしい若僧に貞淑な人妻
哀れな男の命の燃えがら
父と子と聖霊
それらすべてが一番愛が必要な時に顔をそむけてしまった

これが最後のドライブ
僕等のささやかなゲームも終わる時
これは最後のドライブ
すべてを家に帰らす時が来た
今更涙も出やしない 結末はわかっていたから
君を家に送る時が・・・

調子に乗ってTodd Rundgren第二弾。73年作アルバムの「トッド」、当時の邦題は「未来から来たトッド」の収録作。漠然とした気持ちの描写から、徐々にリアルに切実な内容になってくる巧みな構成。若僧の歌詞あたりに差し掛かってから、気が高ぶって、触れたくもない事柄だからか、畳み掛けるようにがなりたてて、もう殆ど歌詞を聞かせない位。
アメリカの郊外、車社会、車はデカいアメ車。東に地平線が見えるなら、西のスカイラインは山の稜線だろうな。そういうだだっ広い土地がアメリカなんだよな。ライナーの訳詞は街のシルエットとしているけど。

To Top

ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」byレノン&マッカートニー
*Lucy In The Sky With Diamonds
川でボートに乗って君は自画像を描いていると
タンジェリンの木々にマーマレードの空
誰かが君を呼んで君はゆっくりと返事をすると
それは万華鏡の目をした女の子

黄色や緑色したセロハンの花が
君の頭上まで高くそびえる
女の子の瞳の中に太陽が映って
すると女の子の姿が消えた

ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を舞う
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ

泉のそばの橋までその子を追いかけて来たら
揺り木馬の人達がマシュマロパイを食べている
花々の間にさしかかると彼らは揃って微笑みかける
その花々は信じられない位の高さまで伸びている

新聞紙のタクシーが岸辺に現れて
君を乗せようと待っている
後ろの座席に乗ると雲の中に頭が突き抜けて
すると君の姿が消えた

ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を舞う
ルーシーは無数のダイヤモンドと空を飛ぶ

駅に停まっている列車の中 君は自画像を描いて
粘土でできた駅員達は眼鏡のネクタイを締めている
誰かが急に回転バーの所に現れる
あの万華鏡の目の女の子だ

ルーシーはダイヤモンドと空を舞う
ルーシーはダイヤモンドと空を舞う
ルーシーはダイヤモンドと空を舞う

ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」収録曲。ロバート・フリップも大好きという事で、キング・クリムゾンは69年の結成時のフラム・パレスの地下室セッションの際に、この曲を取り上げて音合わせをしていたという。それだけの理由で訳出するけど。
この時の練習曲は他に、ジョニ・ミッチェルの「マイケル・フロム・ザ・マウンテン」〜まるっきりフォーク。ドノバンの「ゲット・ザイ・ベアリングス」なんかと同様、これはマクドナルドとシンフィールドの好みだろうし、マクドナルドとシンフィールドの曲としては「風に語りて」とかも。あとはフリップの「ドロップ・イン」、「エリュダイト・アイズ」、レイクの「ラッキー・マン」、ジャイルズの「トゥモローズ・ピープル」とか、他色々。昔々の創世記の神話である。

To Top

「ザ・キング・ウィル・カム」 by Wishbone Ash NEW!
*The King Will Come
雷鳴が轟き 笛そしてドラム 
火のただ中に 王は現れる
邪悪な子供らは 群れを成す
その罪を数え上げ 審判が下される

夜を日に継ぐ 果てしなきチェス競技会
果てる者 あるいは永らえる者
天は落ち 地は祈りの声
その日の到来を告げる 審判の下る時

手にする石に記された
預言者の言葉を見るがいい
言い渡された毒のペン
あるいは 砂上のかりそめのしるし

ウイッシュボーン・アッシュの72年の名盤「百眼の巨人アーガス」収録、そして名曲。メンバ−四人の共作なのだが、歌詞を見てどうよ、みんな同じ様に思うだろうな。
楽隊の音に合わせて火の魔女ならぬキングが現れ、子供達が報いを受けたり、御前試合とか、預言者の言葉。加えて毒のペンまで登場する。夫への宣告でなく人類への宣告だけど(ちなみにアイランズは71年リリース)。
ここは英詞を確かめてみよう。16.10.8

To Top

「ピクチャーズオブアンインディアンシティ(インドの街の情景)」 by J.M.ジャクジク NEW!
*Pictures of an Indian City
嵐の本体 遺灰の鉢 悪臭の車輪
藩王の口が開き シルクオイル 粉々そして剥き出され
髪 仮面 星は砕かれ 小銭か糊口か
金の霞たなびき 請い 火炎 押し合いへし合い

手脚は曲がり 月は笑み 血糊まだら
頭が歯列 靴につば吐く
「茶葉は深山の頂上から
そこじゃ暑さを避け滞在 人は必ず」
夢 はじけ ベール取り替え 欲望のベール
かさぶたの目 襤褸まとう子ら ほこりまだら

黒の列車は まっすぐの棍棒 幅広い河 火
時代を超越 カーストから自由 火葬から離れて宙を舞う
石 運搬 星は砕かれ 小銭か糊口か
金の霞たなびき 襤褸まとう子ら ほこりまみれ

2010年のジャコ・ジャクジクのソロアルバム「ロマンチック・グリー・クラブ」の中からの1曲。「冷たい街の情景」の良くできたパロディ、インドに舞台を移して詞を書き換えている。(これは訳さねば!)シタール、タブラに口タブラ(邦楽なんかで良くある口立て楽譜)までフィーチャー。で、サックスでメル・コリンズ、ドラムにギャビン・ハリソンも参加している。
ネット検索したが、詞が公開されている形跡がないので、別途英詞をアップしておくので、こちらを参照の事。
元歌の雰囲気も残して訳したが、ジャコの歌詞は元歌同様、単語の羅列と語呂合わせが中心で、意味を取るのに正直苦労した。というか、正しく取れている自信はないが、雰囲気でこじつけ半分。シルクオイルとか、髪・仮面とか、嵐・本体、石・運搬とか、こじつけしきれなかった所。(Storm trunkとStone truckで語呂をあわせているとかはわかるけど)17.4.22

To Top


関連アーチスト作品INDEXへ
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗