MAIL To KT   Last Update 2019.11.3by K.T.
お断り
KTこと武田浩一の正体は、埼玉在住の多忙な中年サラリーマン。サイトは休眠しますが、本人は生きています。感想や意見等ございましたら喜んでお伺いします。
ぜひ、下をクリックしてメールを送って下さい。よろしくお願い致します。
 




独り掲示板
●休眠しますと言った舌の根も乾かぬうちから更新。実は休眠を知った若きウェットンファンの方から駆け込みリクエストがあり、それに応じて追加更新する次第。一応例外的措置という事であるが、まあ、そういう時には応じるし、機会があればメンテしていくというのは下記の通り。ご本尊たちは元気に夏秋ツアーを終え、来年は来日か?お楽しみは続く。ラグビーもお楽しみは続くのだ。19.11.3

休眠します!ついにもうやめる。この独り掲示板を見てくれていた人には散々ミミタコだったろうけど、もう訳すネタがないのだ。
20年前キング・クリムゾンから始め、周辺へと手を拡げ、訳詞以外や、無関係のアーチストの詞にも手を出してきた。しかし、もう無いよ、無理だよ。休眠についてより正確に言えば、私が力尽きたというより、訳すべきネタが尽きたという事。立場上今更ピンク・フロイドでもないし、全く無関係なアメリカン・バンドを取り上げるでもないだろう。まさか最後にはドアーズまで手を出そうとは思っていなかった。なにせ「キング・クリムゾン和訳集」なのだ、ここは、そして私は!
興味の薄いネタを延々続けていく気はもうない。クオリティを保てない。
下記の8月時点での文章の通り、きっちり20周年でサイトを閉鎖しちまおうとも思っていたのを思い止まったり。最近は実はずっとそんな気持ちの揺れの繰り返しだった。いつしかアップデートしなくなって終わっていたというのは、ケジメがつかないので嫌だった。下記の通り見たい人のために、形の上は残していくという事で、改めてはっきり休眠宣言しようと思った。
影も形もなくなるわけじゃないので、リンクを張って頂いている皆様には迷惑が掛からない、不義理にはならないと思う。
内容はとりあえず最終形のまま。インデックスページの見出し下(リード)にも記しているが、今後も機会があればコンテンツを追加したり、内容メンテしたりはあり得る。だからたまには和訳集を見に来て頂きたい。
現存するもっとも古い訳詞サイトとして、これまで長期にわたり多くの人に支えられて来たと思う。本当にありがとう。クリムゾン・ファンの皆さん、訳詞マニアの皆さん、本当にあなた方が好きだ。
また逢う日まで。決して別れたくて別れるわけじゃない。さようなら。19.9.22

●和訳集も20年経ったわけで、感慨もひとしお。ここは一発力の入ったネタ更新を、と思い「リザード」のジャケット、そしてここしばらく更新ペースを速めてもいた。しかし・・・、どれだけの人が見ているのか、もう過去のバンドの過去のサイトかも。いわゆるオワコンか。
そんな中、書籍「意味も知らずにプログレを語るな」を読んだら、巻末にキング・クリムゾン和訳集が、参照先として挙げられていた。参考に見る人はいる事はいるんだな!ありがたく思いサイトを閉鎖するのはちょっと思い止まろうかと・・・。
そこで、この本の感想を述べる。内容はプログレ曲の解釈と訳だが、概ね妥当な解釈、訳詞で、お勧め。若干とらえ方が違うような箇所もあるが、少なくともわかりやすく好感が持てる。国内版CD対訳のようなチンプンカンプンはない。なかには誤記でレイクがインフィニティにいたとか記してもいるが、それよりも元の英詞!著者の円堂氏が展覧会の絵でdarkを元に暗鬱と訳している箇所の、掲載英詞がdoubtじゃん、等々。これは編集者の問題かな。曲ごとの扉部のイラストがこれまたひどい。こんなイラストを採用しているだけで編集者のやる気が知れるというもの。総体としてはいい本だけに・・・。19.8.10


過去のライブ・レポート
K.クリムゾン:00.10.7/K.クリムゾン:00.10.15/K.クリムゾン:03.4.17/K.クリムゾン:15.12.17&10
K.クリムゾン:18.11.27
 NEW! K.クリムゾン:18.12.18 NEW!
21stCSバンド:02.11.5&6/21stCSバンド:03.11.14