MAIL To KT   Last Update 2020.5.3by K.T.
お断り
一旦休止しておりますが、機会があれば時折更新していきます。サイトは休眠しますが、本人は生きています。感想や意見等ございましたら喜んでお伺いします。
ぜひ、下をクリックしてメールを送って下さい。よろしくお願い致します。
 




独り掲示板
●お久しぶりです。半年ぶりの更新です。このページだけ。
(申し訳ない、訳詞のコンテンツはなし)
私は5月1日の夜まで家族に文句言われながら在宅残業。2日3日は普通の終末と同じで、雑用その他、平日溜まった新聞とメールになんとか追いつき、たまった録画や本は明日以降。大型連休は明日からという気分。巣ごもりでヒマなんて事は全くないが、まあちょっとは余裕。ちょっとぐらいは近況報告しよう。
で、コロナで散々なわけだが、非常事態宣言だとか、自粛要請だとか。公園で遊ぶ子を非難したり、昼間開業している飲食店を叩いたりって、何か勘違いじゃない。戦う先が違う。言っとくけどこれは戦争ではない。自粛憲兵ごっこでうっぷん晴らしても見苦しい。大義をかざして人を叩くよりも、ここは弱者を助けるべきではないのか。感染の危機に晒されている医療従事者を、全てのエンターテナー、アーチスト、失職者達の、感染者達の、味方になれないのか、、助けられないような情けない国なのか、この日本は。
戦時下統制を可能にすべく憲法改正の好機なんて思っている奴もいる。
不要不急かもしれないが、それでも芸術は必要だ。集会も必要だ。表現をしたい。こんな状況下でも、いや、だからこそ、人は心を何かで満たさなければいけない。
アーチスト達はそれに応えられるのか。この状況に相応しい芸術が求められている。コロナを経た新しい芸術が生まれなければいけない。
だけどさ、パフォーマンスのネット配信とか、ZOOM演劇とか、SNSで連歌とか、表面的に対応しても、これがコロナ時代の芸術のわけがない。ましてや素人に自宅で歌いましょう、手芸や体操をしましょう的なよびかけをやっても、芸術家として恥かしいだけ。
プロの芸を見せてくれ。この抑圧下の人間存在はどういうもので、抑圧下でなすべき表現は何か。ライブの肉体表現とメディアを介した表現の差異が何か。深い所で見極めて答にしてくれるのを求める。閉塞感を消化したうえでの新しい表現を見せてくれ。
ただそれにはまだ時間を要するのかな。
規制が緩んだ時に、ここぞとばかりに以前と同じパフォーマンスされても、私は銭は払わないぞ。苦しい時かもしれないけど、苦しみを経た表現を見せてくれ。というか、見せてもらえる時が来るのが、早かれと祈るばかりだ。
頑張ってくれ、頑張ろう、助け合おう。心に潤いを、文化を、表現を。
とかなんとか、見る側聴く側からの声になっているが、じゃあ私も何かしないのかって。
また、おいおい、何せヒマがない。ジャッコ・ジャクジクが年内にソロ・アルバムを出すというので、その時は新訳UPもあり得るかもね。憲法記念日の夕方。20.5.3


過去のライブ・レポート
K.クリムゾン:00.10.7/K.クリムゾン:00.10.15/K.クリムゾン:03.4.17/K.クリムゾン:15.12.17&10
K.クリムゾン:18.11.27
 NEW! K.クリムゾン:18.12.18 NEW!
21stCSバンド:02.11.5&6/21stCSバンド:03.11.14