MAIL To KT   Last Update 2018.2.4 by K.T.
お断り
KTこと武田浩一の正体は、埼玉在住の多忙な中年サラリーマンでして、必ずしも平日にパソコンをさわる訳じゃありません。このサイトも週末こつこつ作業して維持運営しています。
メールを頂いても、回答はちょっと遅れることもありえます。
すみません、その辺ご了解のうえで、メールご発信下さい。
では、下をクリックして下さい。よろしくお願いします。
 




独り掲示板
●前回ELPの曲を追加して、ELPが増頁、そのまま一気に今回はタルカス完訳!
それはさておき、レココレ2月号のクリムゾン=アイランズ箱特集記事についてコメントしておこうじゃないか。というか、よくまとまっていて、新事実の記載もあり、そこそこ面白く読めたのだけど、一言いいたいのは赤岩和美氏のピート・シンフィールドを考察するという記事だ。これもよくまとまっていることは確かなのだけど、例の”4部作話”を前面に持ち出して、それで真剣に論を進めて、ほぼその話で終始しているのが頂けない。
初期3部作のincludingについて述べている私のページでも述べているが、”4部作話”は信じてはいけない。大嘘もいい所。初期3部作が泥縄式に制作された事実を、計画的に4部作で完結させただなんて、元々はJ.Green氏のお遊びで始まったこじつけ話なのだが、それのマンマ受け売りで、事実であるかのように講釈たれている。じゃあ、シンフィールドのクリムゾン脱退は4部作を完成させたからだってか?”4部作話”自体はマニアックなファンには堪らない細部まで良くできた話ではあるけれど、違うものは違うんだよな。
話を赤岩氏の記事に戻すと、赤岩氏はルーパート王子がカンバーランド公ルーパート王子であると説明している。OK、これはその通りだろう。英国人にとってルーパート王子、ガラスの涙と来れば誰だってカンバーランド公と思うだろう。但し、史実のカンバーランド公は栄華のうちに恵まれて死んだのであり、時代も違いすぎる。シンフィールドはリザードではその名だけを借りて、凋落する王子の悲劇の物語を独自に創作したのだと思われる。そこまで説明しないといけない。
そこで私はカンバーランド公ルーパート王子について、リザードが史実とは何ら関係ない架空の話だという所まで含め、ガンダム話も加え、説明をまとめている所。今まで触れていなかったのは手落ちだったが、次回のサイト更新でアップしよう。
尚、J.Green氏は紅王が神聖ローマ帝国フリードリヒ2世であるという面白トンデモ話にこだわっていて、リザードについてもフリードリヒ2世と絡めた説明を繰り返している。赤岩氏もさすがにそれは信じなかったのか、受け売りを避けて、カンバーランド公ルーパート王子であると言っているのは、そこはマトモだよな。18.2.4

●大みそかのガキの使いの笑ってはいけないでの、浜ちゃんのエディ・マーフィー黒塗りメイクが物議をかもしている。まずいはまずいのだろうけど、一体どこからがまずくなるのだろうか。細川たかしなんか、あんなにRGに面白おかしく誇張されて平然としているだろ。まねされる側が不快に感じるかどうかかもしれないけど、私はむしろ表現の規制圧力が強まる事を懸念する。事なかれ主義なのか、忖度なのか、言葉狩りと同様で、与太郎の出てくる落語もおちおちできなくなると文化的損失だよな。政治家のものまねなんか出来なくなったりして。
黒塗りに込められた歴史的差別意識もわかるけど、デリケートな問題だけど、敢えてここで言ってみたい。訳詞をしている者として神経質になるわけよ、原作者から俺はそんなオチャラケた詞など書いてないぞと言われだしたらかなわない。
むしろ、芸人いじめを笑うような、そういう表現の方が社会的に悪影響だと思うけどな。
ということで、皆既月食!お月様も黒塗りの「ブラック・ムーン」をアップ。18.1.21



尚、2015キング・クリムゾン来日公演の感想!が別のページにあります。この下にスクロールした所にあるK.クリムゾン:15.12.7.&10です。宜しく!



過去のライブ・レポート
K.クリムゾン:00.10.7/K.クリムゾン:00.10.15/K.クリムゾン:03.4.17/K.クリムゾン:15.12.17&10
21stCSバンド:02.11.5&6/21stCSバンド:03.11.14