MAIL To KT   Last Update 2018.6.17 by K.T.
お断り
KTこと武田浩一の正体は、埼玉在住の多忙な中年サラリーマンでして、必ずしも平日にパソコンをさわる訳じゃありません。このサイトも週末こつこつ作業して維持運営しています。
メールを頂いても、回答はちょっと遅れることもありえます。
すみません、その辺ご了解のうえで、メールご発信下さい。
では、下をクリックして下さい。よろしくお願いします。
 




独り掲示板
●下の5/20の項でも述べているが、もう未訳出の詞が尽きて、あとはご本尊様と関係の薄い曲か、わけが分からないでこれまで敬遠していた曲かしかないな。それでも一応は続けようとして、今回は「地面に4つの縦穴」、邦題は意味不明の「原始への回帰」。邦題も元タイトルも詞の内容もわけがわからない。
下端の4/28の項でも述べているが、キング・クリムゾンの18年ツアーが始まって、セットリストは見事に懐メロ。目新しさといっても「ムーン・チャイルド」、「太陽と戦慄4」を取り上げているとか。昔ながらのファン層の期待に応える安心の品揃え。決して進歩しない徹底した保守的バンド。4人での丁々発止の掛け合いなどない、大編成のフリップ・ムード・オーケストラである。昔ながらのファンは一応は見に行こうとは思うのである。18.6.17

●今回はシルヴィアン&フリップ。未訳出の曲がある事に気づき、訳しきろうと思ったが、とりあえず2曲。意図のつかみにくい詞はなかなか気が進まず後回しにしてるが、「ダメージ」の頁でも書いている通り、シルヴィアン&フリップの残りの曲というのが、これまたわかりにくい関係にあってげんなり。
スタジオアルバムタイトルになりながらそこに収録されずライブ版で収録とか。他にもミニアルバムなのかシングルなのか中途半端な形態でリリースされた中にあるだけとか。それでさらに、シルヴィアン&フリップの名の下にフリップソロとか、シルヴィアンソロの曲も収録されている。極めつけが「ダメージ」でも言及している”Earthbound(starblind)”だ。前半3分半がシルヴィアンのギター弾き語りで、後半6分がフリッパートロニクス。強引に合体して、強引に共作にしているだけ。
タイトルもEarthboundというえばクリムゾンのライブ盤だし、では(starblind)はシルヴィアンの象徴か。造語っぽいし。で、タイトルと歌詞の内容がどう考えても無関係だし。
なんかわけわからなくって、もう気が進まない。
ということで、今夜はsong to soulで「タルカス」だ。18.5.20

●さて、GW突入。今回の更新はXTCの「バカ殿バンザイ」なのだ!みな良く見るのだ!バカボンではなくシムケンなのだ。
で、北朝鮮のバカ殿に世間は喝采しているようだが、あのバカ殿の態度豹変ってタカダカ数ケ月前の事じゃない。それまでやってきた事を思うと俄かに信じ難いと思うが・・・。エニウェイ、
それより何といっても話題はキング・クリムゾン来日だろう!今回の来日は詰まるところ「懐メロバンザイ」だ。
はっきりいって、全然新作アルバムも出していない、昔の曲ばかりやっているバントは紛う事なき懐メロバンドだ。そう言うしかない。昔の名前で出ています、新メンバーのドラムで景気づけしてなんとかパワーを保とうとしても、たまにレパートリー増やして新曲ったってスケアシティオブミラクルズとサンデーオールオーバーザワールドを足して2で割ったような曲ばかり。アドリブもほぼなくルーティンの演奏で、似たようなライブアルバムを何枚も出す。時代と別のところにいる。かつての進歩的バンド像からは遠く隔たって・・・。ともあれ、
それにしたっていいじゃない。このサイトとだって懐メロ和訳ばかり。私だってお年寄りだよ。すまんな、懐メロ好きで何が悪い。懐メロバンザイ!開き直っているわけじゃないが、はっきり言って私は年末に懐メロバンドを見に行くのである。18.4.28


尚、2015キング・クリムゾン来日公演の感想!が別のページにあります。この下にスクロールした所にあるK.クリムゾン:15.12.7.&10です。宜しく!



過去のライブ・レポート
K.クリムゾン:00.10.7/K.クリムゾン:00.10.15/K.クリムゾン:03.4.17/K.クリムゾン:15.12.17&10
21stCSバンド:02.11.5&6/21stCSバンド:03.11.14