MAIL To KT   Last Update 2017.7.31 by K.T.
お断り
KTこと武田浩一の正体は、埼玉在住の多忙な中年サラリーマンでして、必ずしも平日にパソコンをさわる訳じゃありません。このサイトも週末こつこつ作業して維持運営しています。
メールを頂いても、回答はちょっと遅れることもありえます。
すみません、その辺ご了解のうえで、メールご発信下さい。
では、下をクリックして下さい。よろしくお願いします。
 




独り掲示板
●また8月が来る。ピンとこない人もいるかもしれないけど、8月と言えば酷暑、蝉の声、そして敗戦を考える季節。ところが昨今、敗戦も戦争責任もなかったことにする人も出てきているらしい。普遍的な真実に基づき話の筋を通すとか、もう通用しないような・・・。
世はまさに、事実に価値を置かないポスト・ツゥルースの時代なのである。
人々は事実を確認できず、また確認しようともせず、ソーシャルネットとやらにばかりにうつつを抜かし同じ考えの者同士でもりあがるのみ。異論はハナから聞く耳を持たない。事実や理性より感情が全て。自分の嗜好への中毒症状。自分に都合のいい、心地のよい方向に世界を捻じ曲げていくばかり。敵を作りあげてヘイトスピーチ、仲間内で気分を肯定。
メディア自体が大衆に迎合されやすいニュースばかり発信する。スケープゴートを捜してばかり。
議論を避ける、問答無用で通す政治家。都合の悪いことはなかったことにする。何か言われても根拠がないとか、印象操作だとか抗弁する。
同じ穴の貉ばかり。狭い仲間の論理で動いて外側の論理に鈍感。某女性議員の不倫騒動とか、日報の報告の有無とか、みんな言ったもん勝ちと思っているのか、シラ切れば済むと思っているのか、まあ、実際にその場で見たわけでもない人間としては、違うだろうとも言えないし。
キャバクラ通いの男とか補助金詐取の男の言葉と、一国の首相の言葉とどちらを信じますかと問われれば、心証としては前者だ。前者には嘘をつく動機がないが、後者には保身という動機がある。後者は記憶も飛ぶことが多いようだし。とかなんとか言ってもトップ指示があったかなかったか、事実は藪の中。
これじゃ本当に議論にならない。オルタネイティブファクトなのか、フェイクニュースなのか知らないが、それを信じる人にとってはそれが真実なのだからどうしようもない。
う〜ん、季節の話をすべく書き出したら、とんでもない方向に行ってしまったが、まあ、今日のところはこれで良しという事にしておこう。
なんにせよもうすぐお盆休み。甲子園と黙祷の季節が、黙っていても来るのは誰も否定しない。17.7.31

●前回のハート・オブ・ストーンが細部で手間取ったのに対し、今回の「トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ」は全然苦労しなかった。簡単な言葉に深い内包があるといえばあるのだけど。そこがビートルズらしいところ。
さて、クリムゾンの新作の話題。EPのHEROESに続いて、今度は16年のウイーンのライブ版だ。そりゃ嬉しいけど、そりゃ買うけど、もういいんじゃないの、ライブ盤ばっかりかよ。同じ曲ばっかりで、昔に比べ即興部分も少なく同じアレンジでの再演だろ。これだけ精力的に活動して、それでいて懐メロの繰り返ししかないのか。精力的にライブをこなしているからこそ、私が期待するのは全新曲のスタジオ作だ。誰だってそう思うよ。
これじゃ同じバンドの同じ曲ばかりのを何枚も買って、爺いの金儲けに騙されて老後を支えてるだけだろって、妻から散々けなされ続けなのに、まったく反論ができないではないか。
しかし、九州は豪雨でひどいことになっている。集中豪雨やらカラ梅雨やら、本当に地球はどうなってしまったのか。地球温暖化が原因で災害が起きている事実は、トランプにとって蛙の面に小便なのか。
都議選結果も安倍晋三には馬の耳に念仏なのかな。反省したいと口では言っても野党の印象操作と煽るマスコミが悪いと思っているだけなのじゃないか。もっとギリギリ締め付けるべきだったと反省しているのがせいぜいだろう。今まででも丁寧な説明が必要といいながら、説明したくないものだからはぐらかしたり恫喝したり、問答無用で議論を打ち切ってきた事についての反省は一切口にしていない。17.7.8

●お待たせしました、ったって誰も待っていないか?
今回はハート・オブ・ストーン、予告通りシンフィールドの作品である。作詞家シンフィールドとしての、シェールのヒット曲。
一見簡単な詞と思ったが、訳すのに結構手間どった。“見出し”、“画面”の部分とか、手ごわい箇所が結構あった。所詮ポップソングなのだから、欧米の一般人にはすぐわかる内容とは思うのだが…。“気違い屋敷”とか“無罪の余地”とか、何が言いたいのかさっぱりわかりにくいぞ! ”鉄に鉄を重ねる”とか“サインを求める”とか、字面は簡単なのになぁ、何なんだろう。“マーシー、マーシー”ってのも、西洋人が神様に慈悲を乞うニュアンスだってわかっても、じゃあ日本語で一言でどう言えばいいんだ。
“サムタイム”のところは、思わなかったり思ったりするわけじゃなくって、時々気にかけるのだが常にそう思っているってニュアンス、一番しっくりきたのが“往々に”の語。“思う”との頭韻だけで選んでいるわけじゃない。
訳詞ページでも述べているが、シンフィールドの韻をまねるのがまた一苦労、最近の若いラッパーは韻を踏んだ詞を易々と作るけど。日本語オリジナルの創作なら音韻の合う語を選ぶ事で新しい意味を作っていく。訳詞の場合あくまで元の詞の意味を尊重なければいけない。そこが苦労であり、実は訳詞の醍醐味なのだが。
結局“見出し”の部分はお祭り騒ぎに心がのぼせ上がるという、“画面”の部分は落胆に心が折れないか、そういう事かと思って訳した。他もご覧の通りだ。
そんなこんなで、わかりやすくするために思い切った意訳としている箇所も増えるというものだ。
そのうえ、全体を統一感のある、完成された感じに仕上げるのがまた手間。週末出かけたり、風邪で寝こんでいたりすれば全く進まない。平日はもとより時間なし。という事情があったにせよ、結構日数をかけてしまった。
共謀罪のばかばかしさ、恐ろしさ、可決までのでたらめぶりとか、著作権法まで対象にされて、言いたいことは色々あるけれど、それはまた別の場で。もう長くなってしまったので。その件はまた次の機会だ。本日はこれまで。17.6.18


尚、2015キング・クリムゾン来日公演の感想!が別のページにあります。この下にスクロールした所にあるK.クリムゾン:15.12.7.&10です。宜しく!



過去のライブ・レポート
K.クリムゾン:00.10.7/K.クリムゾン:00.10.15/K.クリムゾン:03.4.17/K.クリムゾン:15.12.17&10
21stCSバンド:02.11.5&6/21stCSバンド:03.11.14