MAIL To KT   Last Update 2017.10.1 by K.T.
お断り
KTこと武田浩一の正体は、埼玉在住の多忙な中年サラリーマンでして、必ずしも平日にパソコンをさわる訳じゃありません。このサイトも週末こつこつ作業して維持運営しています。
メールを頂いても、回答はちょっと遅れることもありえます。
すみません、その辺ご了解のうえで、メールご発信下さい。
では、下をクリックして下さい。よろしくお願いします。
 




独り掲示板
●祝ウィーン発売!!…ったって、もういい加減にしてくれ、勘弁してよ。また同じ曲でライブ盤か・・・買うべきか買わざるべきか。
で、関係なしに今回のネタはUKの「ナッシング・トゥ・ルーズ」歌訳だ。クリムゾン以外は歌訳は1アーチスト(バンド)=1曲の禁則を敢えて破って新公開。
ナイト・アフター・ナイト版にあわせて歌ってみよう。ただ、カタカナ部分も独りで歌うのは厳しい。再結成時ウェットンにしても無理。往時はエディとテリーが歌っていた。尚、カタカナ部分の3回目はこう歌っている。全部が全部ナッシング・トゥ・ルーズじゃないのだ。ナイト・アフター・ナイトではこの後有名な”ドウモ キミタチサイコダヨ”のフレーズが。そこまで付け加えようかとも思ったが、それは悪ノリというもの。
悪ノリじゃないけど、身勝手なノリで独善的解散をした安倍君、どっちらけだよ。私利私欲、党利党略、理由なき唐突な解散。理由も公約も後付け。本音は疑惑隠し。対する民進は自己消滅、責任投げ出し。野党は頭数合わせの選挙互助会というだけ。これも理念も何もかも後付けで腹立たしいだけ。
低投票率の中で学会票だけは固く、またも公明だけが伸びるのだろうか・・・腹が立つだけで、もういい加減にしてくれ、勘弁してよ。17.10.1

●今回はリチャード・パーマー-ジェームスのネタで2本。ソロアルバム「テイクアウェイ」のリリースを受けてそこから新訳をと思ったが、う〜ん、買う気が起こらずとりやめ。3詩人のページに書いたが渋いというか地味というか、面白くなさそうで、歌詞も当然未確認。代わりに何かないか捜したのが「ザ・グローリー・オブ・ウィニング」だけど、どうも最近は落穂ひろいばかりしている気がしてならない。クリムゾン新作でもあればもりあがるのになぁ。
対馬でカワウソ探しを始めるというが、みんな何か勘違いしていないかな。カワウソ君一匹がいるかいないか、いたらカワイイ、良かったねじゃなかろうに。カワウソの生き続けられる環境がこれからも日本に残せるかどうか、カワウソを含めた生態系が護られているかが重要なのだ。環境変化の激しいなかで日本固有種が生きていく事がいかに大変か。そういえばヒアリなんかも貨物と一緒に入ってくるしなぁ。
で、余談だけどヒアリに”さされる”という言い方がマスコミでも一般でもされるようだが、どうも納得いかない。アリが針を持っている訳じゃあるまいし、ここはアリに”かまれる”が正しい日本語だと思う。
正しい日本語を伝えていくことも、正しい日本語を使う状況を護ることもピンチじゃないか。って、余談が元の話に戻って行ったり。
私も偉いこと言える立場じゃないし、歌は世につれで、いい加減な訳詞を垂れ流ししているわけだが。
それにしても休みで帰省中雨ばかり続き、仕事しだしたらカンカン照り。週末になるとまた雨か。なんて皮肉な事か。日本経済にも影響がでそう。責任者出てこい!(古い!わかる人は年寄りだけ)17.8.26

●また8月が来る。ピンとこない人もいるかもしれないけど、8月と言えば酷暑、蝉の声、そして敗戦を考える季節。ところが昨今、敗戦も戦争責任もなかったことにする人も出てきているらしい。普遍的な真実に基づき話の筋を通すとか、もう通用しないような・・・。
世はまさに、事実に価値を置かないポスト・ツゥルースの時代なのである。
人々は事実を確認できず、また確認しようともせず、ソーシャルネットとやらにばかりにうつつを抜かし同じ考えの者同士でもりあがるのみ。異論はハナから聞く耳を持たない。事実や理性より感情が全て。自分の嗜好への中毒症状。自分に都合のいい、心地のよい方向に世界を捻じ曲げていくばかり。敵を作りあげてヘイトスピーチ、仲間内で気分を肯定。
メディア自体が大衆に迎合されやすいニュースばかり発信する。スケープゴートを捜してばかり。
議論を避ける、問答無用で通す政治家。都合の悪いことはなかったことにする。何か言われても根拠がないとか、印象操作だとか抗弁する。
同じ穴の貉ばかり。狭い仲間の論理で動いて外側の論理に鈍感。某女性議員の不倫騒動とか、日報の報告の有無とか、みんな言ったもん勝ちと思っているのか、シラ切れば済むと思っているのか、まあ、実際にその場で見たわけでもない人間としては、違うだろうとも言えないし。
キャバクラ通いの男とか補助金詐取の男の言葉と、一国の首相の言葉とどちらを信じますかと問われれば、心証としては前者だ。前者には嘘をつく動機がないが、後者には保身という動機がある。後者は記憶も飛ぶことが多いようだし。とかなんとか言ってもトップ指示があったかなかったか、事実は藪の中。
これじゃ本当に議論にならない。オルタネイティブファクトなのか、フェイクニュースなのか知らないが、それを信じる人にとってはそれが真実なのだからどうしようもない。
う〜ん、季節の話をすべく書き出したら、とんでもない方向に行ってしまったが、まあ、今日のところはこれで良しという事にしておこう。
なんにせよもうすぐお盆休み。甲子園と黙祷の季節が、黙っていても来るのは誰も否定しない。17.7.31


尚、2015キング・クリムゾン来日公演の感想!が別のページにあります。この下にスクロールした所にあるK.クリムゾン:15.12.7.&10です。宜しく!



過去のライブ・レポート
K.クリムゾン:00.10.7/K.クリムゾン:00.10.15/K.クリムゾン:03.4.17/K.クリムゾン:15.12.17&10
21stCSバンド:02.11.5&6/21stCSバンド:03.11.14