P.シンフィールド(他のソロ作、PFM他) Last Update 2016.8.30 by K.T.
「キャン・ユー・フォーギヴ・ア・フール」
*Can You Forgive a Fool
午前3時 君はまだ目覚めていて
階段を降りるあの娘の足音に耳をそばだてている
車のドアが閉まるのが聞こえる
もう誰もそこにはいない・・・
灰皿に残った吸いさしのタバコは
今になって悔やまれる言葉を思い出させる
君は自分が可愛かっただけ
あの娘の頬を伝いこぼれる涙
彼女はもう何も言えなくなってしまった
その瞬間は幾年もの積み重ねのせい
もういいわアーメンと言い残す前に
自ら去れば良かったのか・・・

嫉妬とは苦い酒
その毒はいかなる理性も失わせる
真剣だっただなんてあの娘には思えただろうか
もう遅過ぎる、遅過ぎる
だのに何と早すぎる事か
愛の木が憎しみという果実を結ぶのは
君のつく嘘をあの娘が拒んだのは
それはもうとっくに昨日の事

あの娘がまた帰って来るよう君は祈る
思いつくかぎりのあの娘の友だちに電話をかけてみる
彼女をどれほど愛しているのかを言うため
再び戻って来るよう君は祈る
この悪夢は決して終わらないのか
この悪夢は決して終わらないのか

午前6時 待ち疲れうとうとしていると
表の音はタクシーだろうか
君は窓を大きく開け放つ
ああ、そうとも あの娘じゃないか
君は笑い、泣き、階下へと走り
扉を開けるとそこにはあの娘
本当に彼女なのか確かめるために手を取って
ああ この感じ、「勿論、私よ」彼女が言う
曙光が通りを満たしているその中で
動悸も構わず彼女を強く抱きしめる
「ほんと愛している でもこんな馬鹿野郎でいいの?」
「こんな馬鹿野郎でも構わないのかい?」
「こんな馬鹿野郎で構わないかい?」

アルバム「スティル」に、後日この曲と次のハンギング・ファイヤとを追加して曲順をシャッフルしてリリースしたものが、アルバム「スティルイリュージョン」。
素直な内容、これもシンフィールドの一面。詞はこちらに掲載中。

To Top


「ハンギング・ファイヤ」
*Hanging Fire
私は吊るされ 絶体の絶命
むだにつくろう美辞麗句 
これは 馬脚をあらわす失態の宿命
刻々虚ろになっていく

私は火あぶり 末期の歌残すのみ
聖歌も調子っ外れが恥
そうさ サマセットに残したのは
生家でなくした銀の匙

私は並以下 安価なギター弾くみたい
弦を2倍押さえにくくて
そして 穴から気概引き出したい
翼にゃ蜘蛛の巣かかってて

私は袋を無くし さまようサンタクロズ
自分の櫂まで失ったよう
さんざん苦労も 全ては海の藻屑
すっかり帆までも飛ばされたよう

先のキャン・ユー・フォーギヴ・ア・フール同様、「スティルイリュージョン」に追加された曲。無理して韻を踏んだけれど、サンタクロズと海の藻屑とか、いささか苦しまぎれの箇所もあるが・・・。
ちなみに、サマセットはシンフィールドの実際の故郷。銀の匙とは生まれながらに授かっていたはずの幸運とか資産のこと(くわえて産まれてくるという)で、これがなくなっちまうわけだ。尚、英詞はこちらに掲載中。

To Top


メイク・イト・トゥデイ」
*Make It Today
砂時計の砂粒を数えては
時の粒がただ落ちるのを君は見ている
幾千万の言葉もやすらぎを与えはしない
君はトップでもないし
しんがりでもない
君は役を振られただけの唯の俳優
1歳から多分50歳位までの役を

君は何を聞こういうのか
言葉は不確かだというのに
自分を一旦白紙に戻してごらん
きっと僕の声が聞こえるよ
今日なすべきことをなすのだと

すきあらば騒いでやろうとするような
浅はかなゲームを君はしている
そして、迷路で駆けまわっているだけ
目を見開いてごらんよ
君は真実を見る筈
偽りを知る筈
だから、 虹のかかった空に登ってごらんよ

君は何を聞こうとしているの
言葉は不確かだというのに
自分を一旦ご破算にしてごらん
きっと僕の声が聞こえるよ
今日なすべきことをなすのだと

自分自身を自由にしてみたら見つかるだろう
君の走る狭く石ころだらけの路に
気持ちのやすらぎ、心の安逸が
そして君は、黒は白でもある事がわかる筈
何ものも誤りではなく、正しくもない
そして太陽の下、愛こそがすべてなのだと

シンフィールドがGGFへ詞を提供したもの。ブロンデスベリーテープスに収録の作品。GGF習作のための彼の初期作で、同じGGF曲の「アイ・トーク・トゥ・ザ・ウインド」、「アンダー・ザ・スカイ」にも通じる内容、元来の彼の資質が表にあらわれた作品。ソング・スープ・オン・シーに詞が掲載されている。
GGFの他の作品はこちらで紹介中。

To Top

ジャスト・ルック・アウェイ(知らんぷり)」
*Just Look Away
弓をこすり弾く
老バイオリニストの調子外れの曲
指先のブルース
彼が街頭で演奏する傍を
人々は足早に行き過ぎ
時折り小銭を投げる
彼の目に悲痛の色を見ても
人の事は知らんぷり

公園の老人達は
世界に唾を吐きかけて
徒に時間を潰す
棚の上にとり残され
色あせた花
身を暖めようとして
思い出のコートを着込んでも
死ぬのを待つだけ

燃料をすり減らしていく
時代から調子はずれのこの世
あまたのトランペット
皆が街角を目指していて
人々は足早に行き過ぎ
友人に出会い
以前の借りを返すよう言われても
人の事は知らんぷり

暗がりの老人達は
世界に腰をかけて興じる
言葉のカードゲーム
理屈に合わない
悪魔のハーモニー
めいめい自分のために
利己主義のスーツを着込んでも
人の事は知らんぷり

74年作、PFMの「甦る世界」から。このアルバムではシンフィールドは詞の提供のみで、「幻の映像」に比べるといまいち力が入っていないのかなぁ。
Just look away(見るだけで去る)を「通り過ぎる人々」とするとは、何ともロマンチックな邦題を考えたものだ。まるで、文学的なエピソードを伴い去来する様々な人の大河ロマンに聞こえる。しかし、内容からすると「知らんぷり」という所ではないか(幽霊の絵を幻の映像と訳すのと同じセンス)。ちなみに詞はこちらで。

To Top

甦る世界
*The World Became the World
僕の窓の外には 世界の中庭が広がり
小糠雨が降りそぼっていた
獣や鳥の声も 風の音さえしない
あまりの静謐さに 僕は振り返った

すると無数の詩人の言葉のような雨粒が
石の上に輪をなして散る様が見える
すべてを愛で洗い流すかのよう
そして一瞬中庭の息使いが聞こえた

太陽は遂に雲間から顔をのぞかせ
天空に虹を架ける
陽光の笑みで「黄金を追いかけろ」と言う
こうしてあなたは世界となったのだ

そして、人は皆旅人 あるものは求めあるものは求められ
中庭を旅立ち 自意識の網目に絡め捕られ
呪縛と選択との網目
しかし、あなたには人々の声が信じられるだろうか

あなた、あなたは僕が持つべきものを有している
僕は求める より多くの物を 血を流してでも
あなた、あなたは僕に逆らえぬはず
跪き従うがいい さもなくば力づくも覚悟しろ
神に感謝しよう 時にあなたの牡蠣に真珠があるのなら
このまま世界が世界であるのなら

今尚盛んな活動を続けるPFMの「甦る世界」から、「ジャスト・ルック・アウェイ」に続いての訳詞公開だ。前述のようにこのアルバムの詞は、本気度が落ちる感じなんだけどなぁ。
この曲、アルバム標題曲の中身も、何とも統一感に欠けている。前半は雨が上がり世界が活き活きと甦る情景で、ここまでは分かりやすいが、後半のwe're all travelersだとか、you've got what must belong to meになると、分かりにくくなる。果たしてWeとかyouは誰の事なのか。
手掛かりは、your oyster holds a pearlの句。これは(「オイスター・スープ」の詞にも出てくる通り)シェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」から来た慣用句の変形。つまり、開けた牡蠣殻の中の世界は俺の物、成果の真珠を手に入れるという意味が前提にあり、これはYouの有するものは力づくでも奪っていいという最終節の詞にぴったり重なる。
ということは、Youとは世界だ。世界に得られる成果物があるのなら、神に感謝するし、このままで良いのだ。とまあ、世界が甦るのも全て僕のためにか、傲慢な歌詞。
で、Youが世界を指すのなら、対するweは人間一般だろう(ここでは老婆心で”人”と意訳し、あなたが世界になると訳した)。世界が現存すれば人間は直ちに欲望にとらわれる。黄金を追うというのもそういう意味か?
抒情派ヒッピーのシンフィールドらしくない世界観だが、順を追って解釈するとこうなる。

To Top

Sinfieldの詞はこのページの他にも、(クリムゾンのページはいわずもがな)GG&Fにも、EL&Pのページウェットンのページマクドナルド&ジャイルズのページ21stセンチュリー・スキゾイド・バンドのページスティルにも、PFMの幻の映像のページにもイエスにもここにも、たっぷり掲載されています。ぜひ見てください。

ピート・シンフィールドの詞の特色など述べているのはこちら
関連アーチスト作品INDEXへ

*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗