ラディカル・アクションとL.I.シカゴ  Last Update 2017.12.23

2016年発売の「ラディカル・アクション」は全曲が日本公演のライブ音源ながら、会場聴衆音を除いて、まるで「暗黒の世界」と同じやり方。スタジオ未収録の曲も多く含まれ、3ドラム・クリムゾンの新作スタジオ作かと思わせる。
収録曲のうち歌詞付曲は13曲、国内版には歌詞が14曲、ご丁寧にTCOLの歌詞まで掲載されているが、再結成KCがレパートリーにしているのは前半のインスト部分のみ。だから正しくは13曲。
うち11曲が既発表曲で、そのうち2曲がジャクジク、フリップ&コリンズ(A・KING・CRIMSON・PROJECT)の曲。スタジオ未収録の純粋新曲は2曲、この2曲は対訳付。
ここではその2曲を訳す。英詞もいまだネット上に存在しないため、英詞付で紹介する。

17年6月のシカゴ公演を収録し、17年10月に海外で発売された「ライブ・イン・シカゴ」は、「ラディカル・アクション」以上の充実した内容。よりパワフルで、完成度の高い演奏だ。新作曲も一曲収録されていてそれが下端の「ジ・エラーズ」。CDジャケットにはブックレットがついていて、そこに「ジ・エラーズ」の歌詞が掲載されている。私はそれに基づいて訳し、掲載の英詞も一緒に紹介する。17.12.23


「メルトダウン
今や比喩に葬られ
寓意に息も絶え絶え
言葉の空回りに絶句、事実も歪曲
二枚舌の語彙に溺れ死に
もうお手上げ、手を施せない
新発明やら小細工やら皮下注射されたりで

メルトダウン
メルトダウンした機能
メルトダウン
メルトダウンした作用
瓦解 崩壊 溶解

疑問があっても
言わぬが花
話の糸口もないまま
やたら口を開かぬこと

疑問を持っても
適当なことをしゃべらぬこと
そんな陳腐な言葉は
消耗を招くだけ
メルトダウン
メルトダウンした作話
瓦解 崩壊 溶解

崩れ去るのを見るがいい
音もなく
奴らの王国が波間へ飲み込まれていくのを


MELTDOWN
Now he lies buried in metaphors
And allegory won‘t let him breathe
Distorting the truth as he suffocates language in spin
Drowning in double speak lexicon
Leaves him washed up, out of reach
Devised and contrived and injected under his skin

Meltdown
Works in Meltdown
Meltdown
Works in Meltdown
Down down down

When in doubt
Better say nothing
No speak without
A place to begin

When in doubt
Don’t just say something
Those platitudes
Start to wear thin
Meltdown
Works in Meltdown
Down down down

Watch it coming down
There without a sound
See their kingdom drown under the waves


たぶんレコード会社のスタッフの聞き起こしと対訳。聞き起こし英詞も怪しげだが、ここではそれを正しいものとして
採用する。英詞が正しいとしてもその対訳は疑問。“一皮むけば”とか、“説得力がない”なんて箇所は明らかな誤訳。Works inを“言葉の”と意訳するのは気持ちはわかるけどね。
作詞はジャクジク。相変わらず彼は陰鬱な詞ばかり書く。

To Top

「ス-タブル・グラウンヅ・フォ-・ザ・ブルース(ブルース向きの状況)」
如何なる決着がつくか
苦汁をなめ、傷ついたところで
落ち着くところへ落ち着くさ
勝つにせよ、敗けるにせよ
これはまさにブルース向きの状況だ

如何なる決着がつくか
全てがねじ曲がり、混乱して
君の罵倒するかつての恋人が
怒り心頭であったところで恐れるに足りない
怨みと嫉妬が混じり合って
これはまさにブルース向きの状況だ

如何なる決着がつくか
まやかしを受け容れて
謙虚に受け止めたところで
避けるに避けられないこの結論
これはまさにブルース向きの状況だ


SUITABLE GROUNDS FOR THE BLUES
This is how it ends
All bitterness and bruising
How it soon descends
Into victory and losing
These are suitable grounds for the blues

This is how it ends
All screwed up and confusing
No fear it might offend
That former loved one your abusing
Resentment mixed with envy
There’s suitable grounds for the blues

This is how it ends
The acceptance of delusion
The urge to condescend
The inevitable conclusion
These are suitable grounds for the blues


これもジャクジクの詞で、日本初演の曲。対訳はgroundを”根拠”とか”動機”とか”環境”とか訳して言葉が固いね。”妄想の容認”とか、”謙遜する衝動”とか固すぎて意味が通じない。

ここまで曲が「ラディカル・アクション」の新曲で、
 あとの11曲はこちらでみて下さい。
 ・21世紀のスキッオイドマン ・墓碑銘 ・クリムゾン・キングの宮殿
 ・平和 ・冷たい街の情景
 ・レターズ 
・イージー・マネー
 ・再び赤い悪夢 ・スターレス
 ・ア・スケシテイ・オブ・ミラクルズ ・ザ・ライト・オブ・デイ

来日公演でも冒頭日本語でうたわれた「平和」をフルに日本語歌詞訳したものが、歌訳版のページにあります。


で、次が「ライブ・イン・シカゴ」からの新曲
ジ・エラーズNEW!
*The Errors
心に押し入り僕の言葉を指図して
僕の胸の内を吐き出させる
僕のジョ−クがスベったと指摘する
そしてあげつらう/僕のやり方は間違いだと

有罪判決をいちいち読み上げて
僕が歌ったばかりの節をけなす
僕が何故銃に弾をこめてなかったのか
そしてあげつらう/僕のやり方は間違いだと

だからって遠回しに言う必要はない
気持ちとしては事実のみが問題だ

気づいてなかった事だらけの現状
へまのカケラで汚部屋状態だが
エデンの園を再構想

憎しみなのか単なるポストモダンの皮肉なのか
薄膜でぼやかされたやっかみなのか
失敗はさておいてだ

君は聴衆に演奏するとき絶賛される
敗残の唖者や盲者が救い主として歓待される


THE ERRORS
Hand me the heart that rules my tongue
Deflate the air that fills my lungs
Point out the joke that I've become
And clarify/The error of my ways

Count the convictions one by one
Criticise the line that I just sung
Why not place the bullet in my gun?
And clarify/The error of my ways again

So there's no need for metaphor
Now truth is becoming the last thing on our minds

Now in a room full of ignorance
And the debris of consequence
Eden redesigned

Hate or just post-modern irony?
Thinly veiling the jealously
Failure left behind

Praised as you play to the gallery
Hailed as the saviour of losers deaf and blind


ジャクジクの詞は相変わらずで、典雅さも風格もなく、夢もロマンもなく、ドラマも美もない。
詞の内容だが、弾を銃に込めてなかった準備不足をけなされているのだろうけど、けなす野郎を撃ち殺せなかったのを悔やんでいるとも取れる。野郎が失敗をさておいて感情からけなすのだろうけど、僕が失敗をさておいて楽天的に考えるとも取れる。17.12.23



15年12月のキング・クリムゾン来日公演レポートはこちらです。

To Top

 
*Lyrics Translate Into Japanese  英歌詞和訳(訳詞)の老舗