K.C.補遺集 和訳へ
 
「キング・クリムゾン・バーバー・ショップ」
ボックスセット「紅伝説(フレーム・バイ・フレーム)」及び、「ジ・アブリビエイテッド・キング・クリムゾン(ハート・ビート)」のため新作され、紙ジャケシリーズ「スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペア」にもボーナストラックとして再録されたもの。
トニー・レビンの一人多重録音のお遊びの曲。作曲もトニー。作詞はブリューという事になっているが、実際はトニー。
出囃子というか、イロモン芸人の登場テーマー曲のつもりで訳した。どーぞ!

To Top

トラベル・ウィーリ・カプリコーン
初期ライブに於けるレパートリー、常にインプロビゼイションの半ばに挿入されて演奏されている曲。ベスト集のボックスセット「紅伝説(フレーム・バイ・フレーム)」では独立曲として収録されている。
旅に疲れたというか、飽きたというニュアンス、capricornはcapriciousという連想も。そこで、即興演奏の長旅を切り替えたい時に、この曲を挟んで展開を替えていくなんちゃって、私のこじつけだけど…。シンフィールド自身も山羊座だが、ひょっとしたらクリムゾンの名で音合わせを最初にしたのが1月13日という、キング・クリムゾンの誕生日からきているのかも? ますますこじつけだ(笑)。あと、シンフィールドの「スティル」の収録曲シー・ゴートも連想される。
詞はP.シンフィールド作で、ソング・スープ・オン・シーにも歌詞が紹介されている。

To Top

ドロップ・イン
Lettersの原型の曲。
この詞はDrop Inをどう訳すかがポイント。ふらりと立ち寄る、ずるずるたむろするというような意味。つられて引き込まれてつい深酒、ついつい賭金つぎ込むというようなニュアンスも内包してる。そこを訳語を4通りに変えながら表してみた。
歌詞の聞き取りは毎度お世話になっている小松さんによるもの。詞はこちらに掲載する。例によって毎回歌詞内容は少しずつ違うのだが、標準と思える詞で訳した。
1番の最後がyourとつらなってageともrageとも聞こえるが、意味からすると多分rage。2番の第二節は「And live the life of...」と歌っている時もあるのけど、大抵は「love」と聞こえる。
また、小松さんによれば、3番の最後「live to die another day」は、英国の詩人A.E..ハウスマン作の「シャーロップシャーの若者」収録の「ザ・デイ・オブ・バトル」に同じフレーズがある。それを意識した引用かどうかは何とも言えないが参考に値する話。(尚、007の映画にも同一タイトル作あり)
作詞者はフリップ。GG&FのThe Brondesbury Tapesには「ホワイ・ドーント・ユー・ジャスト・ドロップ・イン?」のタイトルで2ヴァージョンがどーんと収録されている。この曲の詞は順序は様々に入れ替わって流動的だが、ほとんど「ドロップ・イン」のままだ。この曲のクレジットはフリップ作となっていて、作詞者はフリップでしかありえない。クリムゾンの曲としてCD収録される際に、作がフリップ・レイク・マクドナルド・ジャイルズとのクレジットになっている事から、以前はレイク作詞と巷間言われていた。しかしそれは誤りで、既にGG&F時代に、レイクが加わる前に詞は出来ていたのだ。

To Top

ゲット・ザイ・ベアリングス」 (ボズ版) 
「レディス・オブ・ザ・ロード」(02年11月発売)の訳詞は人を馬鹿にしてるのが「ゲット・ザイ・ベアリングス」をインストゥルメンタル曲扱いしている。面倒だから詞は割愛したと正直に述べるならまだしも、ボズは歌詞を歌っていないって言い張るのかよ! これが動機となって、私は是が非でも「ゲット・ザイ・ベアリングス」の和訳を掲載しようと決意した。
オリジナルはドノヴァンの68年作「ハーディ・ガーディ・マン」収録、2分半ほどの曲、オリジナルの邦題は「しっかりおしよ」。これがクリムゾンでは20分近い曲になったりもするのだ。余談ながらこの「ハーディ・ガーディ・マン」収録の際に、ツェッペリンのR.プラント以外の3人が出会ったというのは有名。J.P.ジョーンズが現DGM所属なのも奇縁というべきか。
で、話は戻るが、ライブの事ゆえ、クリムゾンで歌われる詞は都度異なっている。ドノヴァンのオリジナル詞とも勿論違うが、ボズの詞は比較的それに近い。レイクの詞は毎回大きく異なるうえに、独自のフレーズが多く、"Let all get stoned higher higher"(薬物で高揚していこう)なんて、ヤバイ内容に替えて歌っている(この点はスティル・ユー・ターン・ミー・オンの歌詞についても参照して欲しい)。
しかし、この場では動機ともなったボズの「レディス・オブ・ザ・ロード」収録のテイクの歌詞を元に訳している。ボズ版の歌詞はこちらに掲載する。
一応、レイク版の歌詞もここに掲載するので参考まで。

To Top

「ザ・クリエータ・ハズ・ア・マスター・プラン」(ボズ版)
コレクターズ・クラブのなかの一枚、72年3月12日サミットスタジオでのライブで演奏されているのを聴くことができる曲。
オリジナルはファラオ・サンダースの69年アルバム「カーマ」収録曲で詞と歌はレオン・トーマス。3人組の好みなのだろう、ジャズのマスターピースだ。ボズはうろ覚えなのか詞の一部を継ぎはいだり入れ替えたりして歌っている。ここではなるべくボズの歌っているとおりの詞で掲載し、訳した。
今までこの詞の掲載をためらってきたのは、この曲は知る限りキング・クリムゾンがプレイしたのはこの時の1回だけで、ゲット・ザイ・ベアリングスやトラベル・ウィーリ・カプリコーンのようにクリムゾンのレパートリー曲とは言い難いため。しかもその時も短いフレーズだけ中途半端に歌っているため。訳すほどでもないかとも思うが、即興ではないしっかりした曲なのだし、参考までに公開する。

To Top

「ドクター・ダイヤモンド」(グレート・デシーバーの すり替え版)
キング・クリムゾンの「グレート・デシーバー・ライブ」に収録の曲だが、後日、J.ウェットン&R.P-ジェームスのアルバム、「モンキー・ビジネス」中で歌詞を手直ししたうえ再収録されている。
詞はできれば「グレート・デシーバー・ライブ」のものを使いたいのだが、公式に得られる詞はない。実は「グレート・デシーバー・ライブ」の詞という事でエレファント・トーク中に、以前、G.Selinsky氏が聞き起こしたものが掲示されていたのだが、元歌が早口のため聞き取りに自信がなかったのか、2001年には気がつくと「モンキー・ビジネス」掲載の詞にそっくりすり替えられていた。(詐欺!) しかし、グレート・デシーバー版とモンキー・ビジネス版は明らかに同一ではない。特に2連あたりはだいぶ手が入れられている。(モンキー・ビジネスのライナーを確認すると、作詞時期が1974と1997という風にクレジットされている事からも改作は明白)
とはいえ、Selinsky版が引っ込められた今、私が勝手にSelinsky版で訳すのもはばかられる。たぶん、エレファント・トークも決定稿を尊重してそちらを採用しているのだろう。
ということで私は、今のエレファント・トークに紹介されている詞、即ち、モンキー・ビジネス版をもとに訳したものをここに掲示する。
尚、元がそんな歌いぶりだけに「グレート・デシーバー・ライブ」の日本版のライナーの詞は日本人の聞き起こしのため、もう全然はっきり言って別物です。
また、「モンキー・ビジネス」収録作については、関連作の詞のページでも取り上げているのでご一読を。

To Top

「イージー・マネー」(ライブ中の別バージョンの部分のみ)
歌詞の別ヴァージョン部分だけを抜き出して訳した。詞の2連目の賭場で賭金をつり上げるくだりの代わりに歌われているもの。アルバム(LTIA)収録の後も含めて、ウェットンはライブでは大抵こちらの方の歌詞で歌っている。いわば決定稿が2つあるということで、エレファント・トークには両方が掲示されている。(エレトーの掲載歌詞はこちら
これも、P−ジェームスの詞ということにはなっているのだろうが、スターレスの項でも述べるがここにはウェットンの手が入っている可能性も大。個人的にはスタジオ収録版の詞の方が好み。
尚、ウェットンのソロライブアルバムの国内版ライナーにもこのバージョンの詞が訳されているが、例によって、いまいちの訳。

To Top

「ガッツ・オン・マイ・サイド」
40周年リマスター超豪華版焼き直しシリーズの「暗黒の世界」は、11年11月に発売された。そこにウーディネのパラッツォ・デッロ・スポルト公演からの「ガッツ・オン・マイ・サイド」がボーナストラックとして収録されている。ウーディネのパラッツォ・デッロ・スポルト公演自体は、06年からDGMのサイトで有料配信されていたものだが公式CDとしてはこれが初収録。
そもそも「ガッツ・オン・マイ・サイド」はブートで出回っていた当時から、(即興曲ではなく)歌詞つき曲でありながら、たった一度演奏されただけということで、その珍しさでもって(一部ファンの間では)有名な曲だった。 曲はユーチューブ(のここ)で聴ける。
とはいえこの曲、明らかに未完成で、詞も一応韻は踏んではいるもののくだらない内容でいい加減。私は詞はDGMのサイトにR−P.ジェームスが提供したもの(このページに収録の英詞)をもとに訳しているが、どうもこの通りには聞こえない。怪しい限り。しかもメンバー自身もそんな曲をやったとはウロ覚え。
未完成ゆえに意味も通じにくく、訳しても自信のない個所が多い。最後の行、Clarrit Chatto Newts de Verdunに関しては、酒なのかイモリなのか、何語なのかも不明。意味不明には意味不明で対抗しようと思い、“ガッツリおまんま再度、ガッツリ大盛り三度”とダジャレで締めてみた。
私は40周年版は購入していないのだが、果たしてそこには詞や訳詞は紹介されているのだろうか。

To Top

「スターレス」(ライブ版)
スターレスに関しても、ライブでは別な歌詞が歌われている。この曲は毎回歌詞が変わっていく。
私は公に文字になっているもの以外を訳すのはなるべくなら避けたいのだが、こういうサイトをやっている行きががり上、敢えて禁を破っての挑戦。はっきり言って聞き取りには自信がなく、この詞・訳は、あくまで可能性の一つだと思って読んで頂きたい。そこで、自信のある人には是非、私に正しい詞を示して頂きたい。尚、聞き取った英詞はこちらに公開している。

ここで聞き取り素材に取り上げたのは以下の4バージョン
a=74.4.29のピッツバーグ版:「グレートデシーヴァー」CD3及び「サーカス」に収録。
b-1=74.6.28のアズベリー・パーク版:「USA」に収録。
b-2=74.6.30のプロビデンス版:「グレートデシーヴァー」CD1に収録。
b-3=74.7.1のセントラル・パーク版:コレクターズクラブの「セントラルパーク」に収録。
(尚、コレクターズクラブ「マインツ」収録曲は74.3.30収録で、「スターレス」の聴ける最初期のテイク。初演奏から10日余りで詞は全く未完成のため、ここでは訳の対象から除いている)
聞き取った英詞・和訳のなかにはその時々の異同を括弧で表記し、それぞれにどの音源の歌詞かが分かるように前述の符号を入れた。こうかもしれないいう可能性レベルのものは括弧の中に?をつけて表現している。
ウェットンは時期を追って歌詞を変えて来ている。最初期のマインツでは歌詞が全く未完、その後a及びそれと同時期のブートでは似た歌詞が聴ける。またツアー終盤のはほぼ同じ時期の収録のため歌詞が互いに類似している。この後にスタジオで「RED」収録。そのあとでウェットンはソロでも繰り返し歌うが歌詞はこれ以降ほぼRED版から不変という推移。
97年収録の「モンキー・ビジネス」には詞はウェットンとP-ジェームスの共作であるとクレジットされている。で、これからすると、ライブツアーの間にウェットンが主体になって詞をあれこれ考えながら変えていったものを、REDのスタジオ収録前にPJと二人で最終決定稿に仕上げたものと思われる。だから、エレファント・トークには決定稿であるRED版のみが掲示されているのであろう。モンキー・ビジネスではREDと全く同じ歌詞で歌っているのが決定稿である根拠。さらに後日、ウェットンはソロライブでは繰り返し、この決定稿とほとんど同一詞で歌っている。(ライブのせいか、Old friend charityguiding lightとしてるのは歌い慣れた旧詞が口をついただけ)
と、いうことで、ここに紹介する詞は未定稿であるがゆえに、決定稿の詞よりは完成度が低いのは否めない。しかし、ライブでは決定稿に至るプロセスが聴けるということは、ある意味ありがたいことではある。

尚、このライブ版スターレスの歌詞はこちら

蛇足だが、UKの「シーザース・パレス・ブルース」の中には、このスターレスの旧詞とそっくりのフレーズ(Cards fall,faces change,Cat's cunnning shows)がある。参考までに「シーザース・パレス・ブルース」の詞についても、関連作の訳のページで紹介するので、是非ご一読を。

To Top

「フリー・アズ・ア・バード」(ブリュー版) 
「ヴルーム・ヴルーム」のDISC2(オン・ブロードウェイ)に収録。彼のソロアルバム「ブリュー・プリンツ」にも同一演奏が収録されている。MIDIギターでピアノ音でのブリューの弾き語り。
オリジナルはJ.レノンの残した曲をビートルズの残った3人が完成させたもの。実に切ない詞だ。ブリューはレノンの残したデモテープを入手しその通りに一部ハミングで歌っている。一方ビートルズ完成版では「二人無関係に生きるなんてできるのか?あの触れ合いはどこへいった・・・」というような詞が追加され、続けられている。クリムゾン和訳集としてはあくまでブリューの歌った形の詞をベースに訳出した。
尚、home and dryというのは英口語で「無事に」の意味。


「ヒーローズ」
ヘビコン、ラディカル・アクションにも収録、キング・クリムゾンゆかりの、00年・16年ツアーのアンコールに繰り返し取り上げられているボウイの超有名曲。フリップ、ブリューにとって思い入れのある曲。デビッド・ボウイのベルリン3部作のページ参照。


「21世紀の精神分裂者(2014年更新版)」
*21st Century Shizoid Man
こっちで紹介。

クリムゾンが結成時リハで演っていたという、
ラッキー・マンルイシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズも有ります。

To Top

 Last Update 16.3.20 by K.T.